| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

日曜日に生まれた子供 紺野キタ

キタさんの「還暦BL」が収録されているという噂のこちらの本を読みました。
読んだのは少し前で、さっぱりした絵と地味な話し展開ながらも読後にジワジワと来る物があって。言葉にするのが難しかったので、少し熟成させてからレビューにトライしてみました。でも結局レビューになる以前の一言感想ですけど。

キタ作品を読むのは多分今回が初めて。
このコミックスに関しては、回想シーンも含めて長いスパンでの人間関係というものが展開されているので、時間の経過がゆっくりに感じました。

日曜日に生まれた子供 (ミリオンコミックス 37 CRAFT SERIES 27)日曜日に生まれた子供 (ミリオンコミックス 37 CRAFT SERIES 27)
(2009/03/28)
紺野 キタ

商品詳細を見る
短編集
 

▽ 続くにゃ(ΦωΦ)

| その他(まんが) | 22:28 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

捨て猫のカルテ ハルコ

今更レビューなんですけど&okapiは送料を浮かせようと別の本に抱き合わせで買った気がするのですが、もう本当、土下座したい気分です。
すみません、評判通りに面白かったです!

王道BLだとこれからこういう展開になるよね~という展開をことごとく外してくれる、面白い着眼点をお持ちの作家さんだと思いました。背景処理も安定しているし、人物に多少色っぽさが不足しているのもご愛嬌(笑) エロの為に話しがあるのではなく、話しの延長上にエロがあると思える展開を作り出せる作家さん。貴重です

そして「猫」描写がリアルだなぁと思って見ていたら、最後になるほど、作者が猫飼いさんだったのですね。肉球~は激しくMOETA。サバトラって初めて聞いたけど、うちの猫はサバトラだったんだ(ずっとキジトラって言うのかと思っていた)

捨て猫のカルテ (リンクス・コレクション)捨て猫のカルテ (リンクス・コレクション)
(2008/12/24)
ハルコ

商品詳細を見る
短編3本

ノンケ大学生×リーマン
リーマン×ノンケリーマン
ノンケ高校教師×フリーター
 

▽ 続くにゃ(ΦωΦ)

| その他(まんが) | 23:32 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

満開ダーリン 山本小鉄子

今更ですが読みました。
これは「恋と罠」に収録されている「花咲けるボクたち」の続編だったようなのですが、昔読んだハズなのに思い出せませんでした…orz

でも!前作を知らなくても(思い出せなくても)、評判が高かっただけあってすごく面白かったです。店長いいわ~~(>▽<)

満開ダーリン (ミリオンコミックス 27 Hertz Series 56)満開ダーリン (ミリオンコミックス 27 Hertz Series 56)
(2009/02/02)
山本 小鉄子

商品詳細を見る
花屋の店長・藤森春彦(28)×バイト・村上大志(18)

■あらすじ(転載)
「よし大志、おまえが迫れ!!」って言われても!? 大志が街の花屋さん『フラワーホール』の店長・藤森春彦とつき合うようになって一週間。店長のセクハラまがいのスキンシップなんていつものことのはずなのに、恋人と思うだけで、緊張と不安でいっぱいに…… なのに一緒に暮らすことになってしまい!? 藤森春彦大活躍!!な恋の物語?
 

▽ 続くにゃ(ΦωΦ)

| その他(まんが) | 22:56 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

恋は思案のほか 館野とお子

多分館野さん、初読み作家さんです
しかも木下けい子先生とイメージがカブってました。
でもページを開いたら、全然違ってました。

今回の大ぽかは、他所でレビューが上がり始めた時に
もっと素直に読んでおけば良かった~~~ということ。°・(>_<)・°。
他所でレビューが上がり始めると、途端に自分が書かなくてもいいか…という気になり積読してしまうという罠。

恋は思案のほか (Dariaコミックス)恋は思案のほか (Dariaコミックス)
(2008/10)
館野 とお子

商品詳細を見る
塚原奥×持田 大学生同士

■あらすじ(転載)
一人暮らしをするためバイトを探していた持田は、同じ大学の塚原の家に同居し彼を見張るというバイトをすることに。しかし塚原は頻繁に男を連れ込むホモだった。 はじめは戸惑っていた持田だが、一緒に暮らすうち徐々に塚原のことを理解し友達として受け入れる。ある夜、塚原の部屋から洩れ聞こえてきた情事とわかる声に反応してしまった持田は…。悩める純情ラブ☆
 

▽ 続くにゃ(ΦωΦ)

| その他(まんが) | 22:10 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

俎上の鯉は二度跳ねる 水城せとな

すごくすごく発売を楽しみにしていた1冊。
仕事前の朝8時、開店したばかりの本屋に駆け込みました。分厚かったけど、移動の電車内で周囲を気にしながら読んだよ(*気にしながら=エチシーンが多かった)

梟まではモバイルで読んでいたのですが、紙媒体になると全く別の作品みたい。
やっぱり漫画はモバイルより紙媒体にすべきだと思う。私たちは1コマだけ、ふきだし文字だけを読んで物語を楽しんでいるわけではなく、コマとコマの間の空白にこめられた作者の想いとか、ページ全体の白黒のバランスとかまで全部を含めて「漫画」として楽しんでいると思っているので。

確かに出版社としては紙で出して失敗するより、データにして読みたい人だけ渡していた方が冒険しないで安全なのは分かる。雑誌のイメージもあるだろうし。でもこれだけの作品と知りながら、公に出さずに抱え込むっていうのはどういうつもりだったんだろう? 
出版社の思惑もあると思いますが、あまり守りには入って欲しくないなぁと思うのです。

俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)俎上の鯉は二度跳ねる (フラワーコミックスアルファ)
(2009/05/08)
水城 せとな

商品詳細を見る
大学の先輩後輩 リバ~♪

okapiの窮鼠~の感想はこちら
 

▽ 続くにゃ(ΦωΦ)

| その他(まんが) | 21:33 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

失恋ショコラティエ(非BL) 水城せとな

シリーズものなので読むかどうか悩んで、でも少女漫画だから軽くよめるかなぁ~と読み始めました。結果、窮鼠~の時の様に大興奮状態になり、目がギンギンに醒めてしまいました。この薄さなのにこの読み応え、水城さんすげーわ!

失恋ショコラティエ 1 (1) (フラワーコミックスアルファ)失恋ショコラティエ 1 (1) (フラワーコミックスアルファ)
(2009/01/09)
水城 せとな

商品詳細を見る

恋する男の、そして女の矛盾。
女の身勝手さ、それに喜んで振り回される男の悲しい性。
恋愛のドロドロを彼女の好きなチョコレートに昇華して、爽太の孤独な戦いは続く。
セリフやシーンにぐっさり胸をえぐられることも多いが、チョコレートの様に恋の甘さも苦さも充分に表現していると思う。
後半の爽太の成長ぶりには目を見張るものがある。
次巻も楽しみな作品

| その他(まんが) | 13:41 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

ルキン・フォー・マイファンタジスタ 藤生

藤生さんの「裸ネクタイちゃん(同人誌)」が大好きで、身内に激しい布教活動をしてきたokapiです。そんな藤生さんの初BL作品。

ルキン・フォー・マイ ファンタジスタ (あすかコミックスCL-DX)ルキン・フォー・マイ ファンタジスタ (あすかコミックスCL-DX)
(2009/03/01)
藤生

商品詳細を見る
中学生同士 幼馴染み

okapiはショタ好きと思われているとかいないとか。
でもショタ属性は最近低くなってきているのよ+このレーベルはライトすぎて一般的にあまり食指が動かないという所なのですが、Yちゅさんにぽろりと弱気発言をしたところ、この作品は大丈夫とのお墨付きをを受けて購入。

いろいろ細かい設定ではツッコミ所満載なんですけど(生粋の日本人なのに、なぜに通称が外人名?とか)、それ以上にストーリーがすごく情緒的というか。真逆の性格にも関わらず、初めての恋に怯え戸惑う2人の感情の機微が空間を通して伝わってくる。
余白や表情の使い方が映画的だなと思いました。
そして藤生さん大好きな半ズボンが、もうフンダンにちりばめられています!!(笑)

■あらすじ(転載)
灰谷克彦(通称・エドワーズ)と霧島晃通(通称・ダニエル)はわけあって二人暮らしをしている幼なじみ。奔放で恋ばかりをしている恋愛中毒のエドワーズは、面倒見の良いダニエルを振り回しながら真実の愛を探し求める毎日。しかし、恋愛放浪記の末にエドワーズがみつけだした真実の愛は、意外にも身近なところにあり――。
 

▽ 続くにゃ(ΦωΦ)

| その他(まんが) | 21:07 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

子連れオオカミ 井上佐藤

久しぶりのレビューで、こう見えて神経質←またの名をマイペースともいうなので、中々書き出せませんでした。でも最近、昔書いたレビューに沢山拍手をいただいたので、読書メーターで満足してちゃだめだな(本当に好きな作品は特に)と思いました。

友人宅への荷物が回収される前に、覚書だけ書いたハズなのに、今文章欄が真っ白でびっくりした! 単に「続き」に書いていたのを忘れていました。アホです。

子連れオオカミ (バンブー・コミックス 麗人セレクション)子連れオオカミ (バンブー・コミックス 麗人セレクション)
(2009/01/27)
井上 佐藤

商品詳細を見る
短編集
 
この表題作を偶然雑誌で読んでいて、本当コミックス化されるのを心待ちにしていました。エンドルフィンよりもこっちの方が好きだなぁ~というか、それ以上に好きvvって感じなんですけど。
 

▽ 続くにゃ(ΦωΦ)

| その他(まんが) | 16:21 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

タンゴの男 岡田屋鉄蔵

猛烈にブログレビューが上がっていくのを見るに付け、ネタバレしないようにレビューを避けて通っていたokapiです。それだけレビューが上がる=期待が膨らむばかり。しかし期待が大きすぎたのか、読後はよかったんです、よかったんですが…okapiの思っていたものとちょっと違ったんです。そして「筋肉」は、okapinにはハードルが高すぎたかも…orz

タンゴの男(メロメロコミックス) (mellow mellow COMICS)タンゴの男(メロメロコミックス) (mellow mellow COMICS)
(2008/10/29)
岡田屋 鉄蔵

商品詳細を見る
アンジー古賀ヒロ

■あらすじ(転載)
タンゴの男と呼ばれながら、本当の情熱を知らぬままに踊り続けてきたダンサー・アンジー。
ラテン人の母を持ちながら、厳格な祖父に引き取られ、今は日本人として暮らすヒロにアンジーは出会いのひと目から沸き立つような欲望を感じる。男にはまるで興味の無いヒロだったが、懐かしい故郷を感じさせるアンジーの包容力に、戸惑いながらもいつしか心と身体を開いていく……。
 
ちょっと辛口だよ♪
 

▽ 続くにゃ(ΦωΦ)

| その他(まんが) | 23:40 | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

この手でよければ 佐倉ハイジ

最近出た本だと思っていたのに、もう2ヶ月も経っているんですね~~~(時間泥棒が)

この手でよければ (あすかコミックスCL-DX)この手でよければ (あすかコミックスCL-DX)
(2008/08/01)
佐倉 ハイジ

商品詳細を見る
短編3本

キャラの見分けは期待していないハイジさんです。←単にokapiがノミ脳ということもある。
ゆるくいちゃつくカップルを見ながらニマニマしたい時には、ハイジさんを読みたくなります。
 

▽ 続くにゃ(ΦωΦ)

| その他(まんが) | 20:59 | comments(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT