PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

日曜日に生まれた子供 紺野キタ

キタさんの「還暦BL」が収録されているという噂のこちらの本を読みました。
読んだのは少し前で、さっぱりした絵と地味な話し展開ながらも読後にジワジワと来る物があって。言葉にするのが難しかったので、少し熟成させてからレビューにトライしてみました。でも結局レビューになる以前の一言感想ですけど。

キタ作品を読むのは多分今回が初めて。
このコミックスに関しては、回想シーンも含めて長いスパンでの人間関係というものが展開されているので、時間の経過がゆっくりに感じました。

日曜日に生まれた子供 (ミリオンコミックス 37 CRAFT SERIES 27)日曜日に生まれた子供 (ミリオンコミックス 37 CRAFT SERIES 27)
(2009/03/28)
紺野 キタ

商品詳細を見る
短編集
 


「日曜日に生まれた子供」「オリーブの小枝」 執事×主人

ふわふわ現実感が薄いように見える御主人様だけど、意外にも一番現実を見据えているのはこの人かもしれないなと思ったり。将来ジュリアン(息子)と執事を取り合ってくれたらいいのにな…と妄想。


「森の郵便配達人」「ねゆきの森」

これはBLではなくファンタジーなのだろうな。でもBL視点で見てしまう。
森の門番@口ひげといちゃこらしてればいいと思う。


「先生のとなり」 教え子(50代)×教師(還暦↑)

人に歴史あり、BLにもシルバーLOVE!!
よく出版社がGOサインを出してくれたと思います~~!感激! O(≧▽≦)O

すでに出来上がってラブラブ安定しているカプだけど、激情の青年期恋愛時代も読んでみたい。でもこういう切り口(BLの王道を越した年代に焦点を当てる)がこの作者の独特の感性に繋がっているのか。息子も知らない先生の子供帰り度と、教え子の甲斐甲斐しさがよろしい。しかし親の性生活は知りたくない気もするが

あ、同人誌(現在もなお、ラブラブシルバー夫夫に当てられる哀れな息子)も最高でした!
息子も落ちればいいのに>魔性のホモ?


「いずこともなく」「昼下がりの…」 百合漫画

百合にはセンサーがないので、何ともコメントできません(爆)

| その他(まんが) | 22:28 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT