PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

9月&10月の読書メーター

9月は職場のお引っ越しで大変だったにも関わらず、狂ったようにBLを読んでいた(当社比)…つうか、いつき朔夜さん、ヒコさん祭りが開催されていたんです。

あたらしい通勤ルートの目新しさ、日常業務が少し緩和されていたからかもしれません。
その反動で10月は残業オンパレードでHP0。
最初から最後までめちゃくちゃバタバタしていました。

気を取直しまして。よかった作品は2ヶ月かけて沢山ありましたね。ヽ(´▽`)ノ
9月なら草間さん。ヒコさんの「王子様〜」。ムクさん&木原さんタッグ。
10月なら「ネコジタ〜」「LOVE的」「そしてすべてが動きだす」「ハスネサイコロジー」
 


2012年9月の読書メーター
読んだ本の数:34冊
読んだページ数:5419ページ
ナイス数:37ナイス

やぎさん郵便 (シトロンコミックス) (CITRON COMICS)やぎさん郵便 (シトロンコミックス) (CITRON COMICS)感想
マッチ売り好みだったという印象は残っているのに、話を忘れてた…また読み直そう
読了日:9月3日 著者:草間 さかえ
恋愛スイッチ (CITRON COMICS)恋愛スイッチ (CITRON COMICS)感想
台詞が多い&字が細かくて、最初は話を理解するのに苦労した。キャラもぶっ飛んでいるし、ギャグととらえるかシリアスでとらえるかで悩んだ。
読了日:9月3日 著者:彩景 でりこ
おまえにUターン (ディアプラス文庫)おまえにUターン (ディアプラス文庫)感想
後半になるほど、バカップルのノロケ話にしらけてしまった。仕事描写は相変わらずのクオリティを保っていますけども、今回の内容は少し浅かったような…。
読了日:9月5日 著者:いつき 朔夜
嫁に来ないか~漁師の嫁 (GUSH COMICS)嫁に来ないか~漁師の嫁 (GUSH COMICS)感想
このシリーズも安定したトンデモ加減で(笑) フンドシが沢山出て来て嬉しかったよ
読了日:9月8日 著者:新也 美樹
ナカさんのながれ (EDGE COMIX)ナカさんのながれ (EDGE COMIX)感想
淡々と日常を描き、山もなければ落ちもないという読後感。二人の告白シーンは、唯一ドキドキした。
読了日:9月12日 著者:basso
死生獄門 (GUSH COMICS)死生獄門 (GUSH COMICS)感想
短編ながら2〜3話続いていて、それぞれにユニークでした。でもギャグだと思ったら途中からシリアスになったり、そこの辺の構成の振り幅は大きかった気がします。
読了日:9月12日 著者:琥狗 ハヤテ
情人 (ビーボーイコミックス)情人 (ビーボーイコミックス)感想
なかなか満足な一冊。893さんはどうなるかと思いましたが、アツアツラブラブになるとは思いませんでした。ハッピーエンドで安心して読めました。
読了日:9月12日 著者:琥狗 ハヤテ
野狐禅 (ドラコミックス)野狐禅 (ドラコミックス)感想
表紙でネタバレしとる〜
読了日:9月12日 著者:蛇龍どくろ
魔法青年西田くん (F-BOOK comics)魔法青年西田くん (F-BOOK comics)感想
テンション突き抜けてて爽快だった。既存の作品に重ならない斬新さが良かった。しかし色っぽさはなくて、BL要素のギャグ漫画かなぁ
読了日:9月13日 著者:三鷹 圭
溺れる人魚 (ディアプラス文庫)溺れる人魚 (ディアプラス文庫)感想
医療描写はさすがいつきさん!って思いましたが、桂の堕落しやすい性格とクサイ台詞が受け入れられませんでした。眞生にはもったいない!
読了日:9月13日 著者:いつき 朔夜
魔王の甘い契約 (ビーボーイコミックス)魔王の甘い契約 (ビーボーイコミックス)感想
全体的に前半と後半の流れが繋がってなくて、え!いきなりこんな展開なの!と戸惑うことが多かった。絵柄も、もう少し色っぽいと好みかな…
読了日:9月15日 著者:琥狗 ハヤテ
あやしの君の恋煩い (ビーボーイコミックス)あやしの君の恋煩い (ビーボーイコミックス)感想
ケモ&擬人化作家さんのイメージ強い。個人的には弁当屋のお兄さんが好み
読了日:9月15日 著者:琥狗 ハヤテ
百姓貴族 (1) (ウィングス・コミックス)百姓貴族 (1) (ウィングス・コミックス)
読了日:9月16日 著者:荒川 弘
百姓貴族 (2) (ウィングス・コミックス)百姓貴族 (2) (ウィングス・コミックス)感想
生き物の命に添い、命を頂き…という原点の生活をしていると思った。生と死が隣り合わせというか、その分さっぱりしてて明るい。ペットを家族と言っている私のような人間には、内容が何かと強すぎた。考えが甘いんだろうな
読了日:9月16日 著者:荒川 弘
王子様と灰色の日々(1) (KCx ARIA)王子様と灰色の日々(1) (KCx ARIA)
読了日:9月16日 著者:山中 ヒコ
王子様と灰色の日々(2) (KCx(ARIA))王子様と灰色の日々(2) (KCx(ARIA))感想
うぉー!続いていた!とりかえばや物語だけど、今後どうなるかな?きっと契約だけの関係でなく、様々な心にプライスレスな化学反応を起こしているハズ。ダンスシーンで遼のワイルドさに、不覚にもドキドキした!
読了日:9月16日 著者:山中 ヒコ
エンドゲーム (1) (ディアプラス・コミックス)エンドゲーム (1) (ディアプラス・コミックス)
読了日:9月16日 著者:山中 ヒコ
エンドゲーム (2) (ディアプラス・コミックス)エンドゲーム (2) (ディアプラス・コミックス)感想
長期的下克上という萌え設定。養父透の心の葛藤を思うと、涙無しには語れない。しかし最後には(成人してからの)、透からの「好き。」の言葉を期待してたよ〜o(T□T)o
読了日:9月16日 著者:山中 ヒコ
500年の営み (Feelコミックス オンブルー)500年の営み (Feelコミックス オンブルー)感想
最後まで読んで、なんかしっくり来なかった。現世での恋人としての太田光とのエピソードが、250年前のオブラートにかかってボンヤリ霞んで見えた。後追い自殺するほど好きな恋人の後も追いきれず、一人で生き続ける主人公の孤独を思うと途方に暮れる。さらっとエピソードだけでなく、もっと長編でじっくり読み深めたい話しだった。
読了日:9月19日 著者:山中ヒコ
スケルトン・ハート (新書館ディアプラス文庫)スケルトン・ハート (新書館ディアプラス文庫)感想
何となく不倫をしてる時点で、ダメだった。今回の話は好きな設定にもかかわらず、あんまりキャラに共感できず残念な感じでした
読了日:9月19日 著者:いつき 朔夜
ふつりあいなチョコレート (ディアプラス・コミックス)ふつりあいなチョコレート (ディアプラス・コミックス)感想
ろむこ作品の中では結構萌え要素多かった短編集です。ツンデレっこ大好き♪夢やぶれてコンビ解消の挫折BL系の話しは好物です。人生山あり谷有りですから
読了日:9月19日 著者:三池 ろむこ
虎穴ダイニング (Canna Comics)虎穴ダイニング (Canna Comics)感想
日向さんの可愛さもだけど、アカルのスレテナイ純朴加減は!あの乙女脳は、ホストじゃないだろ〜(笑) ちなみにBLじゃないよな
読了日:9月19日 著者:元 ハルヒラ
グッドモーニング (ミリオンコミックス  Hertz Series 102)グッドモーニング (ミリオンコミックス Hertz Series 102)感想
表題作の攻めが性格最悪だった。ノンケだからゲイを差別して良いわけでもない、酷い言葉で傷つけて、後から甘い言葉で懐柔するとか。一歩間違えばDV。こういう子供っぽい攻めはダメだ
読了日:9月19日 著者:夏水 りつ
神隠し寮奇譚 (キャラコミックス)神隠し寮奇譚 (キャラコミックス)感想
話的には面白かったけど、BLではないよね。オカルト苦手なので、ビクビクしながら読みました。
読了日:9月20日 著者:トジツキ ハジメ
初恋ドレッサージュ (ディアプラス文庫)初恋ドレッサージュ (ディアプラス文庫)感想
攻めの王子さま加減。受けの庶民加減はBLの王道ながら、いつきさんだから引き込まれる魅力がありました。不器用ながら、愛を育んでいく二人が微笑ましいです
読了日:9月23日 著者:いつき 朔夜
キャッスルマンゴー(2)(完) (マーブルコミックス) (MARBLE COMICS)キャッスルマンゴー(2)(完) (マーブルコミックス) (MARBLE COMICS)感想
すごい分厚い!読みごたえ満点!リバーズエンド含めて、また読み直したいと思います
読了日:9月23日 著者:小椋 ムク,木原 音瀬
キャッスルマンゴー 1 (MARBLE COMICS)キャッスルマンゴー 1 (MARBLE COMICS)感想
2巻読んだ後に最初からおさらい。ぎこちなく初々しい恋人たちにニマニマしました
読了日:9月27日 著者:小椋 ムク,木原 音瀬
リバーズエンド (Holly NOVELS)リバーズエンド (Holly NOVELS)感想
リバーズエンドは小冊子で読み、心を素手で捕まれて口から血が出る程の痛みを感じた作品だったので、先にgod bless Youを読みました。大部分は二人の絡みなく仕事描写だけですが、それでも惹き付けられる魅力がありました。キャッスルマンゴーの世界にしばらく浸りたいです
読了日:9月27日 著者:木原 音瀬
物語は死で終わらない (Dariaコミックス)物語は死で終わらない (Dariaコミックス)感想
トジツキさんにしてはラブの匂いと、予測を裏切る展開が多くて、それが愉快な本でした。
読了日:9月28日 著者:トジツキ ハジメ
蝶尾 (GUSH COMICS)蝶尾 (GUSH COMICS)感想
表題作はJUNE系な感じ。かくれんぼの話が好きです
読了日:9月28日 著者:トジツキ ハジメ
ハイファイライフ (Dariaコミックス)ハイファイライフ (Dariaコミックス)感想
リアルタイム購入。積んでいました(爆) さらっと可愛い話が多かった。昔よりも内面描写が多くなり、楽しく読めました
読了日:9月28日 著者:三池 ろむこ
恋をしたらどうなるの (オークラコミックス) (アクアコミックス)恋をしたらどうなるの (オークラコミックス) (アクアコミックス)感想
攻め攻めでも受け受けでもない普通の受け攻め取り合わせ。でもトラウマ持ちの受けを救い出してくれる王子様攻めだ!そこが村上作品だと思う
読了日:9月28日 著者:村上 左知
テッペンカケタカ (ミリオンコミックス Hertz Series 41)テッペンカケタカ (ミリオンコミックス Hertz Series 41)感想
プロローグ的に終わった…続きあるんでしょうか。893さんは基本苦手なのですが、この作品には有無も言わせず引き込む何かがありました
読了日:9月28日 著者:石原 理
雨上がりの10年目 (キャラコミックス)雨上がりの10年目 (キャラコミックス)感想
シリアスになりきれず、山場をギャグで落としてしまうところが、個人的に残念
読了日:9月28日 著者:新井 サチ

読書メーター

2012年10月の読書メーター
読んだ本の数:13冊
読んだページ数:1277ページ
ナイス数:46ナイス

ネコジタSpiky (POE BACKS Babyコミックス)ネコジタSpiky (POE BACKS Babyコミックス)感想
今回は短編集だったからか、エロは薄目で残念でした。たるたろカプの続きが読みたいじゃんか〜!(ノ゜O゜)ノ 話の作りは巧いので、どんどんエロ可愛い話を期待します
読了日:10月3日 著者:のばらあいこ
上司にご奉仕研修中 (スーパービーボーイコミックス)上司にご奉仕研修中 (スーパービーボーイコミックス)感想
久しぶりに読んだが、こんなに画面が読みづらかったかしらー。汁だくキラキラすぎて、途中で何度か挫折しそうだった。気楽に読める話希望だったので、内容は…ながらも我慢は出来たけども。
読了日:10月7日 著者:かゆまみむ
ふくろうくんとカレ (H&C Comics  CRAFT SERIES 53)ふくろうくんとカレ (H&C Comics CRAFT SERIES 53)感想
本編未読。朝チュン始まりはBLのいろはですが、それにしてもかなりの遊び人の攻めが、あっけなく受けを好きになる理由が弱かった。途中まで後半に修羅場が控えているのかと読んだけど、素直に纏まっていたし(爆) しかし柔な外見に似合わずしっかり者の梟くんの魅力は、全編通して感じられた。
読了日:10月7日 著者:山本 小鉄子
LOVE的 (Dariaコミックス)LOVE的 (Dariaコミックス)感想
なんとなく取っつきにくさがあって、今まで殆ど作品を読んだことない作家さん。評判が良かったので手に取ったのですが、期待を裏切る面白さ!流石ベテランさんだと思いました。ニアだろうと、ドキドキ満足なBLでした!
読了日:10月7日 著者:石原 理
まだ愛が足りない (シトロンコミックス) (CITRON COMICS)まだ愛が足りない (シトロンコミックス) (CITRON COMICS)感想
いつもと絵の感じが違う。丁寧に線が書き込まれてて、背景もみっちり書かれてて普通の漫画みたいだった!(爆) 内容もシリアスでしたが、北原の壊れた一途さの可愛さは西田さんにしか書けないキャラだなと思いました。でも恋の相手の井上は頭固いし、気の効いたこと言わないし、直ぐ手が出るし、自分の感情に鈍感だし。北原が思うよりも魅力は感じられなかった(笑) 最後に、西田作品で脇役の猫ちゃんズが可愛く登場していたのも意外だった。いつも変なマスコットしか見てないからか?
読了日:10月11日 著者:西田 東
そしてすべてが動きだす (バンブーコミックス 麗人セレクション)そしてすべてが動きだす (バンブーコミックス 麗人セレクション)感想
先輩の雄っぱい素敵。口べたで無愛想で多くは語らないが、母性と温かさで包まれている魅力的キャラ。縁の下の力持ちというか、グズグズダメダメの藤代をとても愛しているんだなとほんわかする。数あるBLの中でもこの力関係は異色な気がする。でも凄く好きだ。
読了日:10月15日 著者:内田カヲル
さよなら僕のプリンセスロリイタ (GUSH COMICS)さよなら僕のプリンセスロリイタ (GUSH COMICS)
読了日:10月17日 著者:紺色 ルナ
狼は魔法を (MARBLE COMICS)狼は魔法を (MARBLE COMICS)感想
どこがという訳じゃないけども、設定と絵と内容にまだまだブレを感じる。花屋は893には見えないし、怖いオーラも見えない。狼〜の方は読みやすかったが、もっと続きが読みたかった
読了日:10月22日 著者:懐 十歩
猫絵十兵衛~御伽草紙~ 6 (ねこぱんちコミックス)猫絵十兵衛~御伽草紙~ 6 (ねこぱんちコミックス)感想
拾ってくれたお礼に、命を削って富を授けるにゃんこの話に涙腺崩壊した
読了日:10月23日 著者:永尾 まる
お仕事ですから (ディアプラス・コミックス)お仕事ですから (ディアプラス・コミックス)感想
気楽に読める話でした
読了日:10月25日 著者:藤川 桐子
ササクレ・メモリアル (バンブーコミックス 麗人セレクション)ササクレ・メモリアル (バンブーコミックス 麗人セレクション)感想
皆イケメンなのに変態&フェチで楽しかった!
読了日:10月30日 著者:鹿乃しうこ
夜明けのブルース (HANAMARU COMICS PREMIUM)夜明けのブルース (HANAMARU COMICS PREMIUM)感想
好評につき読んでみました。話や書き込みは今では珍しいほどの盛り込み具合。昭和テイストの演歌風味。読ませる勢いはすごい方ですね。二人が無事にくっついてよかったです。
読了日:10月30日 著者:羽生山へび子
ハスネサイコロジー (HANAMARU COMICS PREMIUM)ハスネサイコロジー (HANAMARU COMICS PREMIUM)感想
やっぱりARUKUさんスゲー楽しい!蓮根が藤原視点でどんどん可愛く見えてくる。二人の関係だけでなく、周囲の人とのやりとり。助言の取り入れ方が巧い。BLだけど、BL以上の満足さがある作家さん。
読了日:10月30日 著者:ARUKU

読書メーター

| BL読了記録 | 21:56 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。