PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

恋愛協定 桜城やや/原作 鹿住槙

恋愛協定~抜け駆けナシ! 恋愛協定~抜け駆けナシ!
鹿住 槙、桜城 やや 他 (2005/06/25)
徳間書店

この商品の詳細を見る
高校同級生同士3角関係

ややさんが描かれているというので読みました。BLにはありがちな展開で、可もなく不可もなくという話しでした。でも体でならされてなしくずし?と思ったのですが、その辺はしっかり受けの葛藤も描かれていて好感が持てました。
 


■あらすじチャート

A→Bが好き。
C→Aが好きだけど、Bを好きなふりをしてAにある協定をもちかけます。
その協定というのはお互いにBに対して抜け駆けしない、Bに手を出さない代わりにAにエッチの相手をしろというもの。一番美味しい思いをしているのはCじゃないか?と、なんだかBLにありがちなご都合主義っぽく感じました。が、五回寝てAはその矛盾に気がつきます(←鈍い?)。もっと間抜けなのは二人で協定を結んでエッチに励んでいた間に、Bはすっかり全く別のD教師に夢中になって猛烈アタックスタート。おいおい、体まで差し出してCを牽制していたAの立場は??(笑)
でもAもさすがにBの自分に対する執着に気がつき始めます。そして、Bに対する自分の想いも、恋愛感情ではなかったことに気がついて二人は晴れて恋人となります。


最初読んだ時には、あーこれで体からならされて終わりかな?と思ったんですけど。ちゃんと受けは協定の矛盾に気がついたり、攻めの気持ちを知ってからまた最初から読み返すと攻めのせつない片思いがヒシヒシを感じられる。ややさんの画力なのか、鹿住さんのシナリオなのか、結構奥深い作品だなぁと思いました。安心して読めます。もし続きが読めるのなら、BとD先生のカップルの話しが読みたいなぁ…と思いました。

| 桜城やや | 20:25 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。