PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

お久しぶりです

積読本が膨大に膨らんだ結果再び汚部屋化(「ケモノの巣」状態)が進行し、生きるのも嫌になる位の荒みようだったので少し片付けいたしました。でも未読本があまりに多いので、春くらいまでは新刊には極力手を出さずに未読本消化に当てたいと思います。その分レビューは亀速度になります。
 


話し変わって昨日、バイト先で腐女子の方に本の注文を頼まれたのですが、私はこの「本の発注作業」がまだ上手く出来ません。内心「密林で通販したほうが早いぞ!」とか思ったり(ダメ店員)、でも昨日は私の知っている作家さんで何となく見た事があるタイトルの本だったので、どうしても私の手で発注してあげたいと思い必死にパソを操作していたのですがうまく本がヒットしてきません。困って困ってちろっと横を見ると、いつもクールな眼鏡バイトくん(年下なのに少し鬼畜系)がいました。

ちょっとS気味な私は、おもわず彼に助けを求めてしまいました。

腐女子なお客様、クールな眼鏡バイトくん、そして間のパソ画面で展開される絡み合う男×男の表紙のオンパレード…。自分でセッティングしたにもかかわらず、最後にはいたたまれずレジに逃げ出す中途半端な私。さすがクール眼鏡くんは、最後までポーカーフェイスで乗り切っていました。皆さんごめんなさい(なんとなくあやまってみる)。

| 管理人より | 11:38 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT