PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

BLACK SUN奴隷王 小笠原宇紀

BLACK SUN奴隷王 BLACK SUN奴隷王
小笠原 宇紀 (2007/03/29)
大洋図書

この商品の詳細を見る
将軍×とらわれの司令官

皆さまの感想から、肌色率高い…下半身丸出し…などの踊り文句(?)にウキウキと購入しにいったアホ1名。帯が薄々ですよ!!薄々!!

まだ続くようですが、導入としてもキャラが立っていて面白かったです。そして絵がとてもキレイでした…。あとはノミ脳で2巻まで内容覚えていられるかだにゃ(また読み直せばいいんだが)…あらたな楽しみが増えました。
 


■あらすじ(転載)
「お前一人が先に天国行きだ」
聖地へと続く巡礼ルートの攻防のさなか、美貌の司令官レオナール(受け)は仲間の命を救うため、帝国軍の常勝将軍ジェマル・ジャン(攻め)に囚われの身となった。清貧・貞潔・祈りをモットーとする修道院でありながら、昼夜を問わずジェマルに抱かれるレオナール。奴隷の身から将軍にまで昇りつめた男、ジェマル。敵同士でありながら、互いに惹かれるふたりだったが!?


局部の質感ムンムンでしたねぇ~たはぁ~( ̄▽ ̄)~゜゜(←やめれ)
そして臨戦態勢なのに殿方は普通の姿勢で歩き回ったりできるものなのですか? 前屈みにならないの?(←どういう疑問だ)

ま、そんな小さいことは置いておいて。
征服する者 vs される者という関係はすごく好きなシチュなので、がっつり読ませていただきました。絵が本当にキレイですし、話しも面白かったです。エロも濃厚でしたしね(笑) ああ、Mの血が騒ぐ(>▽<)

しかし、あの美麗な絵にとかのマークが普通にかぶさっているのが、なんとも不思議な感じでした。もったいないとうか。豪華というか。

そして、リボンつけられた(飾り付けられた)にゃんこ2匹がにゃお~ん☆にゃお~ん☆とじゃれ戦っているシーンに萌えました。リボン似合いすぎだから!!

あと脇役でありながらも、ニコライデスの分かりやすいおバカさ加減にも愛が持てました+最後のケルベロスのつぶやきも(笑)

| 小笠原宇紀 | 11:01 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT