PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

NOT/LOVE 宮本佳野

ノット・ラブ ノット・ラブ
宮本 佳野 (2003/09)
オークラ出版

この商品の詳細を見る
元警察官で探偵×大学生

もともとは1作目「アー・ユー・エネミー? (ウィングス ハイパーコミックス,2001):非BL」と、3作目「Heat (Dear+コミックス,2005)」の中間の2冊目になるそうで。ちなみ2冊目のこのコミックスは、同人誌で描かれたものを集めたものだそうです。しかし腐女子の皆さまご安心を!!(笑) 私は途中から読みましたが、全く支障なく楽しむことができました。他を知っていればより話しが深まって楽しいかもしれないですけどねo(^-^)o
 


■あらすじ(転載)
探偵の大介(攻め)は捜査先のクラブで出会った美少年ブン(受け)に、カラダを売るかわりに居候を要求され、奇妙な同棲生活を始めることに?

 
二人ともノンケといいつつ、お互いの利害のために始めた不思議な肉体関係も、回数を重ねるうちに徐々に恋愛時に漂う甘い関係が育まれていきます。

大介のつらい過去や内面に抱える闇を知ったブンは、未だにダイの心の中に住む元カノが登場して潔く身を引く決心をします。ダイを愛しているが故の断腸の思いの決断だったが…。そしてダイもまた、元カノに心を残しつつブンの愛情を手放せないのだが、最後は元カノの元へと戻っていく。

数年後。

元カノと結婚し幸せな家庭を築いたダイ。
妻子がありつつ、それでもブンを探し回るダイ。妻も大事、ブンも大事。どちらも同じ位好き。どちらも切り捨てられない。大人のズルさもあるのかもしれませんが、ダイは「遊び」でない分憎めないキャラなのです。ブンも愛人関係のような関係をダイに責めるでも咎めるでもなく、そういう弱さを持ったダイを丸ごと受け入れる。そのつつまれるようなブンの懐の大きさを感じると共に、自分への愛の大きさを感じずにはいられなかったです。世間的にはみとめられないような関係の二人ですけど、それでも二人が幸せそうなのでよかったと思います。

しかし年々ダイのオヤジ化が進行(ブンの友人と4pやりたい宣言など)してますけど、あんなんでいいんでしょうか、ブンは…orz

| 宮本佳野 | 21:08 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。