PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

あしたのきみはここにいない 山本小鉄子/崎谷はるひ

あしたのきみはここにいないあしたのきみはここにいない
(2007/04/24)
崎谷 はるひ

商品詳細を見る
日本史教師(28)×高校生(18)

実は山本さんの漫画はほとんど読んだ口なのですが、どの話もさらっと読めて印象に残りにくく、そしてどの話に登場する子も全部ジャニ系(癖がない)に見えてしまって区別つかず。ノミ脳は挫折しました。

しかし今度は原作付きだというし(←ある意味ヒドい理由)、他のブログさんも褒めているところが多かったので読んで見ました。

【2007/05/24追記】
 


■あらすじ(転載)
高校3年の三尾朝陽(受け)は、教師・北原史誓(攻め)と秘密を共有している。鍵をかけた社会科準備室で、放課後一時間だけキスをして気持ちいいことだけをする。
やさしく、でも踏み込ませないで交わされる秘密―。
一方通行のせつない恋に朝陽は・・・・・・!?


クールな大人に見えた先生の、実は繊細で臆病な心を、子供ながらの情熱で突き崩してしまったという感じのお話ですね。読み応えありました。

しかし中途半端に手を出して、先生も実は「怖い怖い」と思いつつもだれかに突き崩してもらいたかったのかなぁとも思いますよね。

描き下ろしは原作無しの山本先生オリジナルらしいのですが、こっちのほうが正直面白かったです(≧∇≦) キャラの性格を掴んでいるからか、壁が崩れ去った後の「束縛する甘やかし先生」はツボでした。だっこーっ!!

*****
RuTiLe (ルチル) 2007年 07月号 [雑誌] RuTiLe (ルチル) 2007年 07月号 [雑誌]
(2007/05/22)
幻冬舎

この商品の詳細を見る
新連載スタートしたみたいですねvv

| その他(まんが) | 18:03 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。