PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

本気じゃねぇから 富士山ひょうた

本気じゃねぇから 本気じゃねぇから
富士山 ひょうた (2003/10)
角川書店

この商品の詳細を見る
カメラマン見習い(23)×高校生(16)

レビューが増えてきたので「ひょうたさんカテゴリ」も独立しました(あああ、どんどん増えていくカテゴリ)

以前この作品を読んだ時にはひょうたさんちょっと苦手だ…思ったのですが、今回読み直してみたらすんなり読めて面白かったです。
 


■あらすじ(転載)
なついてくる高校生・浩人(受け)の気持ちを知りながら、「男は守備範囲外」と、気づかぬフリで通していたカメラマン(見習)の暮嶋(攻め)。会話の弾みで「俺で試してみなよ」と挑発され、わざと押し倒したものの、強がりの向こうに透ける不器用な本気に心動かされて・・・!?
情と本気と執着と―。うそつきなコドモと臆病なオトナのリアル系駆け引きラブ!


攻めは大人のズルさを知ってて、でも相手の事を思って、受けの本気をのらりくらりとカワしている訳ですよ。

いや、でも、「好き」っていう気持ちを告白されるまえに相手にバレているって、ちょっと自分だったらショックだなぁ…冷静に自分の行動を分析されている的な温度差が嫌っす。腐。okapinはお子ちゃまなのでしょうがないですね。

ま、でもさ、「攻めは受けのことを考えて。」なんて言う建前は、挑発されてあっけなく崩壊する訳です。そうですよ。恋愛の駆け引きは、いつでも真剣勝負です! 

…ま、友達の話ですけどね(笑)

| 富士山ひょうた | 20:25 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。