PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

牛泥棒 木原音瀬

牛泥棒 牛泥棒
木原 音瀬 (2007/06/29)
蒼竜社

この商品の詳細を見る
植物学者(26)×口が利けない使用人(27) 年下攻め

雑誌掲載時から大好きだったこの作品。再度読む時には新鮮な気持ちで読み直したかったので、単行本になるまで頑に読み返さずに我慢しました!! 偉いぞ私!!(ノд-。)

 勝手に「牛泥棒」okapiスケール
 せつない ★★★★★
 甘い ★★★★☆
 エロ ★★★☆☆ (フンドシは反則技だ~~~/笑)
(木原作品の中での…です。他のBLとの比較ではありません)
 


■あらすじ(転載)
大学で助手をしている亮一郎(攻め)は、年上の口のきけない使用人・徳馬(受け)に、密かに想いを寄せていた。幼い頃に母を亡くした亮一郎にとって、物心ついた頃から傍にいてくれた徳馬は、誰よりも欠け替えのない存在だった。自分の想いで関係を壊したくなくて、亮一郎は想いを告げぬまま、女との結婚を考えるが…。 口のきけない男の秘められた過去と思いとは?互いを想い合う、切ないラブストーリー。


最初に書き下ろし分だけ読もうとしたのですが、雑誌掲載分もずいぶん長く読んでいなかったので、はやる気持ちを抑えつつも最初からゆっくり読み直しました。

まず最初に驚いたのは(他のホーリー単行本も皆そうですけど)挿絵が全て書き下ろしだったことです。それも掲載時と似た構図で…じゃなく、違うページ指定で書き下ろしになっていたりして。あんな怖い牛の絵(笑)が、BL本の貴重な挿絵の1pを占領する日が来るだなんて…あはは。またもや「木原伝説」樹立しましたね (*>ω<)v

依田さんの透明感のある絵、そしてお話の透明感と相乗効果的に、字を追っているだけで本当に涙がでそうでした。タイトルは長い間につもりつもった思い入れもある分、私も(が?)ものすごく好きなのですけど。しかし一般の腐女子があのタイトル見て10人中9人位ドン引きするんだろうことが目に浮かびます。実際、発売前の購入予定リストであげてた人も、「このタイトルって、ラブコメですか?」みたいな反応が多かったので。「シリアスなんだってばぁ~~!!」と心の中で何回も叫びました。私の中でも、読後、あれ以上しっくりくるタイトルは考えられないです。だって徳馬や亮一郎ママのせつない思いが、あの「3文字」にはぎゅーっと集約されている訳で…orz


本編の感想:こんなに注釈の多いBL本は読んだ事ありません(笑)
どうでも良い感想:これドラマCDにしたらどうなるんだろう…やっぱ無言っすか?? それとも亮一郎(攻め)の一人り語りになるのか? わはは…ありえない…(*>ω<)v

「牛泥棒」
この話を最初雑誌で読んだ時、妖怪が絡んでいたことを途中まで意識してなくて(物の怪が見えるけど、徳馬が扱えるとは思ってなかった)途中から牛を引っ立てていく重要な役をになっていてびっくりしたものです。単行本ではその部分を最初のあたりから、上手く絡ませてくれていたように思います。

それはさておき、徳馬のせつない想いがキュンキュンしていて大好きなお話でした。それも(雑誌掲載時よりも)徳馬の健気いじらし度、片思い度、ウブ度がアップ↑↑していて、亮一郎でなくても股間直撃☆でしたよ。ふ、フンドシがあんなにイヤラシイかったなんて!!…((;゚Д゚)ガクガクブルブル

それにしても徳馬さん、一ヶ月位ノーフンドシだったんですね。むふっ。←計算するな!?
筆談する徳馬さん、ゼスチャーで伝える徳馬さん、色っぽくて好きです。
そして声が始めて出たときの徳馬さん。きゅーん☆

愛の逃避行では、あそこまで追いつめられなければお互い相手に臆病で動き出せなかったのかな。火事がなくて、牛泥棒で捕まらなかったら…きっと人間関係がもっともっとこじれて不幸な人が増えていたとは思いますよね。

お互い不幸が重なり天涯孤独な身にはなりましたが、ある意味、家族に公にできない関係の二人はこれからの人生しがらみ無しに生きていけるのかもしれません。

「古山茶」
木原作品でこれほど受けに傾倒し、攻めに強烈な対抗意識を燃やした作品は他にないかもしれません(笑) なんであんなおこちゃまオレ様攻めがいいんだ!! 目を覚まして! 徳馬さん!!って、なんどもツッコミ入れていました。ダメ旦那の靴を片方持って涙する徳馬さんのイラストに、キューン度☆アップ。あああ、幼妻(27だけど?なにか?)って感じ!!

私の想いをBLの神様もきいてくれたのか、脇で「桑葉」や「千枝」や「原」などの濃いメンツがそろってわいわいがやがや。あー、このテンション、mama~シリーズとか、ヘタレ蝙蝠に通じる物があると思うのですが、あのほのぼの加減が最近の木原カラーなのかな(昔は痛いだけでしたが)。こういうお話は「王道のBL」からは外れてしまうのかもしれないですけど、私はかなり好きでしゅ…( ̄▽ ̄)~゜゜ポー

「笹魚」
桑葉最高!!
おまえ良い奴だよ!!
すっかり人間界にとけ込んでいるじゃないか!!人面ネコ!!人のご飯も食べられるようになってO(≧▽≦)O

んでそんな桑葉に対抗意識を持って、徳馬の右手たたいているどうしようもないダメ男をなんとかしてくれ!!(爆笑)


*** 追記 ***
自分が作らずとも同士の好というのはいらっしゃるもので、素敵な「褌同盟」を見つけてきました。着ボイスがたまりません…v(`∀´v)
3.gif

| 木原音瀬 | 09:12 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。