PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

第二ボタン下さい 門地かおり

第二ボタン下さい 第二ボタン下さい
門地 かおり (2006/08/30)
新書館

この商品の詳細を見る

違う高校柔道部部員同士のラブ

最近門地さん。単行本から苦悶(スランプ?)している感じが伺えて少し心配していたのですが、この本では見事その悩みを吹っ切ったような印象を受けました。ひたすらモノローグと脳内小人たちに笑わせていただきました。こういう話し好き。「生徒会長に忠告」という話とリンクしているのですが残念ながら私は読んではいません。でもキャラだけ把握している。
脳内萌え萌え系でいくと「花のある生活」も好きなんです。 (以下ネタばれ)


ある大会で受に一目惚れする攻。その場で速攻アタックしますが、完全に変人(変態)だと思われます。というか、受は攻の事密かにあこがれの人だったので、こんな変態だと知ってショック☆ それでもめげずに情けない姿をさらしてもアピールアピールの攻に、だんだん受がほだされていきます。そんなお話。

かわいい。受攻ともがたいは良いのに脳内萌え萌えなんです。最初攻の顔は電光掲示板のように、ずっと内心が手書きされておりますし(笑) 変態なのにあこがれの人という狭間でゆれる受けも可愛い。やっぱり門地さんは独特の門地ワールド(脳内小人)がありますよね。あれが凄く好き。

| その他(まんが) | 14:11 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。