PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ちるちるさくら 新也美樹

ちるちるさくら (ショコラコミックス)ちるちるさくら (ショコラコミックス)
(2007/06)
新也 美樹

商品詳細を見る
子爵の跡継ぎである銀行家×女学校に通う男子(16)

トンデモ系ではいつも期待を裏切らない新也さん、今回も「嫁」できてくれました(笑)
しかしあとがきでもセルフツッコミされているのですが、作中「白目シーンがない!」「キャラが腰をひねっていない!!」「年寄りが出てこない!」「セルフツッコミ文字がない!」など、いつもとちょっと違う挑戦をなさったようです。確かにギャグに脱線しない分、いつもよりもだいぶ読みやすかった気がしました。
 


■あらすじ(転載)
女学生の貴島さくら(受け)は、れっきとした男子だが、幼少の頃、体が弱かったため娘として育てられた。そんなさくらに子爵家の跡取りで銀行家の鷹司龍一郎(攻め)との縁談が持ち上がる。男の身で結婚などできないと、縁談を断るために鷹司家に乗り込むさくらだったが、龍一郎はさくらが男だと知っても動じなくてーー。


新也さんのお話はシリアスになりすぎず、ご都合主義万歳なので気楽に読む事が出来ます(褒め言葉)

縁談を断るために単身鷹司家に乗り込んだ受けですが、見事相手の母親に気に入られ断る機会を逸してしまいます。そして最初は見合い結婚というので乗り気ではなかった、龍一郎がさくらを気に入ってしまったようでさっそく夜ばいをかけてきます。結局床の中で男だと言う事がバレるのですが、それでも攻めは関係なしとばかり抱いてしまいます。

そしてなんだかんだと鷹司家の家族との共同生活をとおして、すっかり鷹司家に馴染んでしまうさくら。強力なライバルや、軟派な弟の誘惑など色々な問題を乗り越え、見事ゴールインした二人。本当に結婚式まであげてしまいます(関係ありませんが、扉カラーの絵のさくらがぶかぶかのサイズの服で男装?しているのが可愛くて…)。

書き下ろしでは、二人の初夜でのピロートーク。

男でも結婚すれば子供ができると普通に思っているさくら(天然)は、赤ちゃんが欲しいと龍一郎にねだりHを頑張ります。龍一郎はマジボケだとは思わず内心「可愛いなぁ」くらいで連日Hに突入していたのですが、その相手をさせられたさくらはすっかりH疲れで体がだるくて気持ち悪い=子供が出来たと大喜び。だれか訂正してやれよ(TДT)

| 企画:花嫁祭り | 12:31 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT