PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

kissing 高久尚子/原作:佐々木禎子

Kissing Kissing
高久尚子/佐々木 禎子 (2004/05)
徳間書店

この商品の詳細を見る
幼馴染みの大学4年生同士(22)

この本は、某フェアに踊らされて購入した本の1冊であります(-"-;)
しかしなにが切っ掛けで新しい出会いがあるやもしれませんし、ここは超プラス思考でと読みました。多分佐々木さんも高久さんも、それほど作品を読んだことない作家さんだったので。

結果:ありがちな幼馴染みものですが、細かいエピソードを上手く取り入れて漫画化されているなぁと思いました。小説では表現しにくい二人の関係とかをですね…コマの間から感じとれるというか。うむ。言葉足らず…orz キスしているシーンがすごく印象に残るマンガでした。
 


■あらすじ(転載)
「俺の好きな相手は、はるなんだ」。幼なじみで大親友の和史(攻め)が、突然の告白!?しかも、本気のキスを仕掛けてきた――!!ルックスも完璧、大学でも注目の的の和史。好きだけど、恋愛とは違う――そう断ったはる(受け)。でも和史は「友達なら傍にいていいんだな」と、ことあるごとにキスを迫ってきて…!?

青い春です!! 青春です!!
いままでのほほんと学校生活をおくってきた彼等たちですが、これから卒業し、社会に出ていく不安とか悩みとか、ずっと一緒だった幼馴染みにおいていかれる不安とか。そして恋愛。そういう心のひだを上手く捉えて、コミックスという限られたページ数で表現されている作品だと思います。

kissingというタイトルにいつわりなく、あとから思い返してもキスシーンがとても印象に残りました。最初は攻めに告白されて戸惑い、一度は告白を断ってしまう受けなのですが。それから攻めの知らない面をどんどん知り、今まで幼馴染みでずっと一緒にいてこれからも一緒にいられると考えていた受けは、攻めにおいていかれる不安みたいな焦りみたいなものを感じオロオロします。しかし自分なりに考え、最後にはちゃんと自分の気持ちに整理をつけて改めて攻めの告白を受けます。

このカプは可愛いんだ~~vv うふふ。

| その他(まんが) | 09:38 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。