PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オリジナル・ラブ 葛井美鳥

オリジナル・ラブ (アイスコミックス)オリジナル・ラブ (アイスコミックス)
(2003/09)
葛井 美鳥

商品詳細を見る
亡き恋人のクローンを育てる里親(30代)×亡き恋人から作られたクローン(中学生)

思いっきりショタで、なおかつお花ちゃんなカプでした。というのはこの攻め、昔はクローン本体と恋人だった時には受け役だったんです~。受け顔同士、お花っています。将来はもちろん、おちびちゃんが成長しての下剋上を希望しますけどね♪

…てか、眠りに落ちる前にここまで書いて力つきたらしく、翌日管理画面開いて「ハ・ハッカー!?」と思った自分は大バカものです。レビュー上げたのも、本を読んだのも忘れている便利なノミ脳♪
 


■あらすじ(転載)
オレ、コウは裕樹の死んだ恋人、孝明のコピー(クローンともいう)だ。裕樹は彼を忘れられず、遺伝子を受けついだオレを引き取ったんだ。裕樹はオレのこと、好きって言って愛してくれる。でも、それって孝明のコピーだから? オレのこと、愛してくれているのかな? 不安もあるけど、いつも泣いてばかりいる裕樹に笑っていてもらいたくて…。切ない想いを描いた、美鳥のラブロマンス

設定的には突っ込みどころは満載なんですけど、単なるショタBLだと思えば…。…でもokapinは基本ショタエロは倫理的にも苦手なので、きっと葛井さんが好きじゃなければ読まなかったと思われます(失恋マニアを知らなかったら余計に)。
それにしてもあとがき読んで、毎回エロをp6入れなきゃならない指定は、漫画家さん大変だなぁと思ったりしました(笑)


恋人に死なれ5年間廃人同然に落ち込んだ裕樹(攻め)を見るに見かねて、友人の山崎(某失恋マニアから出張/笑)が裏から手を回して孝明のクローンである「コウ(受け)」を引き渡す。それから二人でいちゃいちゃ暮らしている訳ですが、昔の恋人は他にも女の子と遊んでいたりして結構ヒドい奴だったようなのです。でもコウは裕樹の寵愛を一身に受けて、スクスクと?裕樹好みの恋人に育っているようです。

私がフに落ちなかった点は、元恋人のクローンだから、まだ子供でも性的に関係してもいいか?という展開だったことですかね。そこは山崎がちょっとまともなことを言って二人をたしなめていますけど、閉鎖的な環境でラブラブしている二人は全く耳を貸そうとしません。このまま二人きりで閉ざされた関係を続けていくのか…ちょっとモヤモヤした終わり方でしたけど。ま、幸せならいいか。


「気が気じゃない」 大学生(19)×喫茶店のマスター(26)

アイドル顔負けで常時アキバ系な男達から痴漢にあっているマスター。んで、カッコいい大学生が守ってくれる…みたいな話し。8年前の葛井さんの絵はすごくロリロリしている…。こんな26歳、ショタリーマンみたいだYO!Σ(・o・;)

「直腸の危機!」の一文は笑いました。ちなみにエッチシーンはないので「×」は私の希望

| 葛井美鳥 | 21:25 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT