PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

KISS ME テニスボーイ 京山あつき

キスミーテニスボーイ (キャラコミックス) (キャラコミックス)キスミーテニスボーイ (キャラコミックス) (キャラコミックス)
(2007/09/25)
京山 あつき

商品詳細を見る
ジャパニーズ(忍者)プレーヤー・要(17)×全米ジュニアチャンピオン・ダニエル(17)

どうしよう!!
昔は駄目だと思ったのに、最近の京山さんは、どんどんokapinのツボ(HENTAI)をピンポインツで狙ってきますよぅ!パワーアップしている!((;゚Д゚)ガクガクブルブル

…ので、カテゴリー作りました。

表紙の2人を見て想像していた内容は、本編を読むとイメージが若干違うかなぁ…って思いました。こんなになれ合った甘い雰囲気じじゃないのよ!!でも萌えなの!!変態なの!!焦らしプレーなの!!攻め×攻めではないけど、男のプライドをかけた死闘が繰り広げられるんですよ!
O(≧▽≦)O きゃっきゃっ
 


■あらすじ(転載)
テニス留学中の寺門要(攻め)にケンカを売ってきた金髪の美少年ダニエル(受け)。数年後ーー再会した彼は全米ジュニアチャンピオンになっていた。「仲直りしよう」と余裕の笑みで手を差し出すダニエルに、要はいきなり公衆の面前でキス!? その瞬間から、男のプライドと貞操をかけたふたりの動機不純な戦いがはじまった…!!


男のプライド!!…そして貞操をかけた戦い!
そうなんですよ。
ガチです! もろガチ!

これはなんと言ったらいいのだろう…
この京山マンガの独特な面白さを表現できる術を私はしりません。

要は昔、ダニエルからちょとしたからかいを受けます。
それが恋の分岐点だったのも知らずに帰国した2人…

そして5年後、体格もビックになって要はダニエルの元に戻ってきます。その時ダニエルはジュニアチャンピオンとして周囲にもてはやされ、結構な遊び人になっておりました。なので昔ちょっとからかった東洋人のことなど、すっかり頭から抜け落ちています。でも要はこの5年間「ダニエル」しか見てこなかったので、ダニエルに再会するやいなや周囲の目もかまわず猛烈アタックをしかけてきます。これは恋愛の駆け引き以前の問題で、変態慣れしていないダニエルはペースをすっかり崩されて度肝を抜かれます。要のペースに振り回されつづけるダニエルは、苦肉の策として、自分を諦めさせるためテニスの試合で賭けをさせます。もちろんダニエルはジュニアチャンピオンなので、分が悪いのは当然要です。ダニエルが勝ったら「キスはしない」という条件で。でも要は「勝ったらキスはOK」と勝手に解釈して挑戦状を受けてたちますが…案の定、よこしまな下心がちらつきあっけなく負けてしまいます。

やれやれやっと変態から開放されたダニエルなのですが、なぜか1年後。
再び要はカムバックしてダニエルの前に現れます。試合では鬼気迫る要の迫力に押されて負けたダニエルは、公衆の面前でキスを奪われます。つまり要の頭の中では「(前回の試合がどうであれ)自分がダニエルに勝てば、その都度ご褒美がもらえる」に自動変換されていた訳です。「キスの次は乳首を…!!」と切望する要。ダニエルもだんだん要の変態教育にならされていきます。やっと「乳首なめ権」まで取得した要だったが、その後はダニエルの仕草にちらつく妄想を抑えきれず成績がさっぱり延びなくなり。キスと乳首なめだけをねちっこくダニエルに施す日々に、最初は嫌がっていたはずのダニエルの方がだんだんじれてきます。先に進んでもいいんだよと要に伝えるものの、なぜか試合の勝敗に拘る要。絶対に先に進もう等はしません。この時点ですでに「押されれば倒れる」覚悟はできているダニエルは、逆にあの手この手で要を陥落させようとやっきになってきます。気がつけば襲うものと襲われるものの関係が見事逆転。ダニエルに襲われる要の及び腰が笑えます。さてはて、この2人のあべこべカップルの行く末は…?

ひたすら可笑しく、気持ちよく笑える作品でした。

| 京山あつき | 01:29 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT