PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

榎田尤利さん原作CD「執事の特権」

原作未読です~(≧▽≦)/

shitsuji_jacket.gif
原田仁(杉田智和)×乃木坂乙矢(野島健児)
富益一蔵(堀内賢雄)

■CDあらすじ(転載)
「御主人様、一年三百六十五日二十四時間、私はあなたのそばでお仕えします!?」
潔癖症で人間嫌い、毒舌家で我侭で気分屋。おまけに独りよがりで神経質。
でも、眠っているときはさながら美貌の貴公子のような男。
それが、特別秘書兼執事候補である原田仁(攻め)の主、乃木坂乙矢(受け)だ。
意地悪な旦那様と忍耐強い執事見習いの、前途多難な恋物語。
 

ワガママだけど毒舌家。極度の潔癖性の旦那様。
その記念すべき第一声が

「最初に言っておくが  私に触れたらコロス」

ですよ(>▽<)

あとは流れるような乙矢の弾丸トーク炸裂。内容が内容だけに聞いていてニヤニヤがとまりません。

そんな個性的な旦那様 vs 途中採用の新入社員。
初対決の2人が不格好なコミュニケーションをしながらも距離をつめていくやりとりと、2人の間を取り持つ喰えない熟年執事@賢雄さんのバランスが良いです。賢雄さん、声がキヨサテの時よりだいぶ年取った感じでお話しされていて、びっくりしました。さすが声優さんだぁ~

接触嫌悪の旦那様との距離感を縮める為に、原田が考えた「チェスをうつ」も「菜箸」で応戦。すっかり菜箸使いの達人になってしまった原田は、いねむりしている旦那様のつるつるのお肌を見ているうちにある誘惑にかられます。

「つまみたい」
「つまんではいけないのだろうが、だからこそ!」
「ちょっとだけ、ちょっとだけなら…」(オイオイ)

と旦那様のお鼻を菜箸でつまんでしまいます。
どんだけ手先が器用なんだ、原田(爆笑)

そしてそうやってだんだん潔癖性で孤独な旦那様の心の闇を見ていくうち、原田に母性?のようなものがうまれてきます。まずは原田に触れてもらうということから始めた2人ですが…

ビバ☆てぶくろー!

| BLCD | 23:15 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。