PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

獣の妻乞い 沙野風結子

獣の妻乞い (リンクスロマンス)獣の妻乞い (リンクスロマンス)
(2008/01)
沙野 風結子

商品詳細を見る
狩野飛月(26)×高校生・由原尚季(17)

スマタ作品と聞いたので期待しながらがっつり読んでしまいましたが、スマタシーンが出てきたのは最後の脇カプでした(TДT) ちょっと がっかり うっかりしました。
 


■あらすじ(転載)
通り魔に襲われた高校生の由原尚季(受け)は、狩野飛月(攻め)という男に助けられる。強引な手口により、飛月と一緒に暮らすことになった尚季は、凶暴そうな見た目に反し、無邪気で優しい男に急速に惹かれていく。だが、仕事に行くたび尋常さを失う飛月に、尚季は昼夜を問わず、荒々しく抱かれるようになる。次第に獣じみていく飛月の異変に不安を覚える尚季は、彼が凶悪犯罪者を抹殺するため、秘密裏に造られた「猟獣」だと知り―。


最初普通の話し(時空間的に)だと思ったのですが、日本という設定だけど社会情勢が違う? そこが理解できるまで多少混乱しましたが、「パラレル日本なんだなぁ」と思えば読み進めることが出来ました。

話しの大筋から言うと、ワンコの初恋→強制的な別離→やさぐれ非行→恋する権利の獲得→熱烈な求愛→恋の成就→だがしかし…? 

最初からお話の展開は予測できましたが、どんどん追いつめられていく愛の逃避行シーンは釘付けでした。そして最期のエッチのシーンでは、ちょっとうるっと来ました。

愛する者を殺さなければならなくなった時、できることなら自分の手で逝かせてあげたい。

これってすごく難しい問題ですが、究極の愛情表現とも思えてきます(※推奨する訳ではない) 今回のエンドはハッピーに終わってよかったですが、今後愛する二人には寿命の問題とかありますからね。尚季は近いうちにまた同じ選択肢に突き当たるのかもしれません。
そして不在だった尚季のパパが突然出てきた息子の彼氏(飛月)の存在をどう受け止めるのか。全体を通してシリアステイストで進んだ今回のお話しだったので、その辺りがちょっと尻切れ気味で気になる部分ではありましたかな。

あ、そういえば小説リンクス2008年2月号にミニ特集が載っていたのでした。
・キャラ紹介 p1
・作者インタビュー p1
・SS p3

小説リンクス 2008年 02月号 [雑誌]小説リンクス 2008年 02月号 [雑誌]
(2008/01/09)
不明

商品詳細を見る

| 企画:ケモノ耳 | 17:12 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT