PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

愛してる 藤谷陽子

愛してる (ドラコミックス 160)愛してる (ドラコミックス 160)
(2008/03/25)
藤谷陽子

商品詳細を見る
料理人志望の清掃員・相葉晴友(24)×社長令息でエリートリーマン・市瀬和志(24)

これね! 雑誌で3話目だけ読んだのですが、その短いページ数にも関わらずしっかり印象に残り、「藤谷陽子」さんという作家さんを意識するようになりました。

今回はその二人の出会い~苦難を乗り越えてちゃんと夫夫?になるまで。四季をテーマにしたゆったりとした時間軸を通し、変化していく二人の関係と、変わらない根底の部分をホント丁寧に描き出していて。読んだ後に、自分もふと日常の雑務から立ち止まり、季節の移り変わりを眺めたいと思いました。
 


■あらすじ(転載)
エリートサラリーマンの和志が出逢ったのは、料理人志望の晴友。仕事中毒の和志は晴友と恋に堕ちて移りゆく季節がとても美しいということに気づかされる。抱きあう度に深まる情愛。だが、和志のNY赴任が決定し―――!?


もう出来上がっているカップルのお話なのですが、ラブラブです。とにかくラブラブです。
二人の間には相手への思慕と尊敬が満ちあふれ、子供っぽい独占欲とか、見栄っ張りとか、自分を優位に立たせようとかドロドロしたものはなく、本当に羨ましくなるほど良い関係なのです。

何でも出来て仕事もエリートでバリバリ企業戦士の受け。一見ツンデレっぽいのに、攻めが大好きで寝込みを襲ってしまったり。自分からキスをしかけたり、フェラしちゃったり。相手が自分で気持ちよくなってくれ、それを見るのに幸せを見いだしている感じ。案外自分の感情に素直な性格なのかな。

攻めはですね、巨大です(身長が!ですよ)。
この約20cmの身長差は近年稀に見るokapin萌えツボでしたが、普通の作家さんではまず避けて通る設定でしょうね。だって一緒のコマに描くの、いちいち大変そうだもの。なおかつ、攻めの方がかわいい顔していて目がデカイのさ(爆笑)

受けはエリートリーマンで会社ではバリバリの戦闘モードだけど、受け顔の長身の恋人は「和志くん」と呼んで肩肘張らずに接してくれる。そんな晴友の前では、自然とリラックスした笑顔になり、忙しさに失ったココロの洗濯をする和志。そして家で充電し、仕事でますます一生懸命夢に向かって羽ばたいていく恋人の和志を見て、自分も頑張ろうと奮起する晴友。

大切な人がいるから頑張れる。

奇抜さ派手さはないのですが、しんみりと心におりてくるようなステキなお話に仕上げてくれています。恋愛っていいな!と素直に思える作品でした。

| 藤谷陽子 | 20:45 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。