PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

木原音瀬さん原作CD「吸血鬼と愉快な仲間たち」

今日届いて速攻聞いたよ!! ギャッギャ!

ちなみに「ギャッギャ!」の声は本物のコウモリを使ったそうで、適度に合成されていて想像以上に可愛かったです。そしてうちの猫は、このギャッギャ!のシーンになるとスピーカーまで身を乗り出し、中を不思議そうに覗いていました。動物同士、なんて言っているか分かるのかな。

UnSweet「吸血鬼と愉快な仲間たち」ドラマCDUnSweet「吸血鬼と愉快な仲間たち」ドラマCD
(2008/04/23)
イメージ・アルバム、平川大輔 他

商品詳細を見る
アルベルト・アーヴィング(平川大輔)
高塚暁(緑川光)
忽滑谷(森川智之)
津野(遊佐浩二)

小説の感想はこちら

もう!もう!笑った笑った!
これBLCDの300mぐらい上空を、スコーン☆とかっとんでいってくれている作品だと思います。そして他のドラマCDって聞いたことがないので分からないのですが、BL作品としてはかなり実験的な作品じゃないかなと思います。声優さんに英語のセリフと日本語のセリフを両方言わせて、吹き替え映画のように演出していたり。ラブシーンがなかったり、人との絡みよりもストーリーがメインだったり(笑) あと最後のフリトも声優さんの写真も、キレイに無かった。実にさっぱりとした潔い作りだなと思いました。


アル@平川さんは、ステキなくらいヘタレ全開! わんこ全開!! 怪しい日本語満載!

暁に500円もらって、初めてコンビニで買い物の練習をするアル

ア「やったー! 500円もらえた~~! 何を買おう!(わくわく↑)」

  500円で大喜びするアル@平川さん。お子様の買い物状態で…ぷくく(笑)

ア「何でも好きな物…好きな物…そうだ!ぱんつだ! ぱんつを買おう!」

  やっぱりぱんつなんだ(*>ω<)v 
  売り場に直行するが…Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

ア「あれ、ぱんつってわりと高いなぁ…500円じゃ買えないや…(へにょん↓)」

結局ぱんつが買えなくて、そのままトボトボ出てきたアル。ぱんつ1枚に一喜一憂。
あれはもう、アルを飛び越して「平川さん」という属性の生物にしか思えなくって、一家に一匹飼いてぇ…と切に思いました。

そして例の吸血シーン。
暁の血をチュッチュチュッチュしてます
ナマナマしいよ~~~

内容は原作に忠実でしたね。
本編でさえLOVEが産まれたばかりだしこれからどういう展開になるのか分からないから、やたらめったら設定は弄れないのかな。そしてグロシーンは音になると痛さ倍増でしたが、それを上回るアルの明るさが救ってくれました。(≧▽≦)

まだ続く…よね。

平川アルくん
最後は念願の ぼくのパーンッ!�p���c をゲットしてご機嫌でした。
かわいいなぁ~~~

一つ難をいえば、英語/日本語対応シーンは2音声同時に入ると両方とも聞き辛く、ここの部分だけでも主音声/副音声が選択して聞けたら2倍楽しいのに!!と思いました。せっかく(ergoのアフレコレポで)一生懸命英語を習われたという平川さん+他の声優さんの成果を、じっくり聞いてみたかったです。

| BLCD | 20:32 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT