PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

遊園地は年中無休 語シスコ

遊園地は年中無休 (ダイヤモンドコミックス)遊園地は年中無休 (ダイヤモンドコミックス)
(2004/02/28)
語 シスコ

商品詳細を見る
高校1年生・影山タケシ(15)×高校3年生・田口マコト(18)

あああ、新装版というか完全版が出ていたんですね。
表紙の絵に時代を感じてつい積んでしまいましたが、読み始めたら「語シスコ」節は昔から健在で、面白くってあっという間に読んでしまいました。
 


田口マコトはある日、元カレの弟・タケシからつき合ってくれと交際を申し込まれます。それまであまり面識もなかったし、修羅場の末に別れた元カレ・マサルの弟というので印象は最悪で。出来ることならなるべくならかかわり合いたくもないと逃げ回るマコト。それでも若さ故のタケシの強引さに押し切られ、結局マサルはほだされてつき合うことになるのです。

出来上がったカップルにも、嵐は訪れます。その中でも巨大ハリケーンだったのは、元カレであるマサルの存在。超遊び人でさんざん過去に傷つけられつつも、イケメンゆえ口説かれると心が動いてしまうマコト。マサルとしてはかつて遊んで捨てた元恋人が自分の弟とつき合うことに関して家族として心配だったり、しかし元カレとしてマコトに未練を残していたり、弟に対抗心を持っていたり。その辺の揺れ動く3角関係の描写が微妙で、その頼りない年上の二人の関係にも関わらず、最年少のタケシが揺るぎないマコトへの愛を明確に持っていて、その辺が若さ故なのか面白いなぁ…と思ったりして。

| その他(まんが) | 23:59 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。