PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

きたざわ尋子さん原作CD「言葉なんていらない」

言葉なんていらない言葉なんていらない
(2008/03/25)
イメージ・アルバム、中村悠一 他

商品詳細を見る
風見圭祐(中村悠一)×佐原志束(梶裕貴)
佐原拓未(下野紘)
 
原作未読でしたが、お話的に分かりやすく展開されていました

■あらすじ(転載)
大学生の圭祐は、美人で頭はいいが、少し変わり者の同級生・志束と友人として付き合っていた。風見は一人でいるとろくに食事もしない志束をほうっておけず、行動を共にすることになった。
しかし、樹木医を目指す志束の柔らかな雰囲気や時折見せるかわいらしさに友情とは違う感情が芽生えて風見は志束に告白をするが、事態は思いもかけない方向に…。


何が驚いたって。
梶さんと下野くんが双子設定だったのですが、本当に二人は声が似ていて、フリトを聞くまで一人二役かと思っていました。そんな当事者同志は、声が双子に聞こえるのかすごく心配していたみたいですけどね。グッジョブ☆

梶さんはBL初挑戦だったらしく、一生懸命がんばっていました。下野くんは元気系で清涼剤。しかし話しの流れとしてゆうきゃんの独白がメインだったので、ゆうきゃんの声の印象が一番のこる作品だったかな。

| BLCD | 23:59 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。