PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

天使のうた 全2巻 西田東

私は西田作品のレビューがほとんどできていないのですが、大好きなんですよ~~ヾ(´▽`;)ゝ
地道にレビューをしたい作家さんリストに入っている方の一人です。

天使のうた 1 (1) (ディアプラスコミックス)天使のうた 1 (1) (ディアプラスコミックス)
(2007/07/30)
西田 東

商品詳細を見る
天使のうた 2 (2) (ディアプラスコミックス)天使のうた 2 (2) (ディアプラスコミックス)
(2008/04/26)
西田 東

商品詳細を見る
やもめ医師・ミシェル×美形の音楽家・クリス

西田さんの長編。
ギャグのパンチが効いている短編もスキですが、シリアスな長編も伏線の張り方が大好きです。どっちも面白いだなんて…なんて恐ろしい作家 ステキ作家さん なのでしょう!!((;゚Д゚)ガクガクブルブル

それにしても最近、西田さんが表紙で人物「二人」を絡めて描かれるようになっているじゃないですか!! 思わぬ画力アップに読者が動揺ですよ~~~(≧▽≦)>某あとがきより
 
そして見返しのプロフで吹いた>執拗に集めているもの
確かに!! すごく必死に集めてしまうよ! なんでだろう?!
 


■1巻あらすじ(転載)
最愛の妻と子供を事故で失い、人生に希望を見出せない医師・ミシェル(攻め)。ある日ゲイストリートに迷い込んだ彼は、かつて知り合いだった少年を目撃する。その少年・アレックスは美形の音楽家、クリストフ・アドラー(受け)の息子。アレックスのことを相談しにクリスの楽屋を訪れたミシェルが目にしたのは、男と戯れるクリスの姿だった――。


今回読んでみて。
それまでは西田さん=枯れたオヤジがデフォルトというイメージがありましたが、子供が出てくるわ、ツンデレ美形オヤジが出てくるわ、なんだか新たな分野にチャレンジされているの?(表紙の絡みもしかり…)という印象を受けました。

でもですね。西田さんが描くとこうなるんだなぁ…とすごく納得させられてしまいました。最初こそ驚きはしたもの、読みすすめていくことに違和感はなかったですね。むしろこの子供がね、すごくかわいいんですよ! 西田さんったら、子供もこんなに可愛く描けるんじゃないですか!って鼻息がすごく荒くなりました。

でも痛かったなぁ…
テーマも重かった。
逐一感動した所を書き出すと止まらなそうだし、実際に読んでもらった方が数段面白いと思うので、私の感想は割愛しますね。

でも外からだと見えない各自が抱える心の葛藤が、ちらりちらりと垣間見えるよう丁寧に掘り下げられていて、話しに引き込まれていく。その描き方が他のBL作品とは群を抜いて一線を画していると思いました。

本当西田さんは、一見あの絵に騙されがちだけど(笑)、読めば読むほどすごい作家なのだと思う。また読み直していて新たな発見があり、そこで涙しそうでした。
最初からエンディングを考えて綿密に話しが練り上げられているんだなぁ…と。

| 西田東 | 11:45 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。