PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

嘘とキス 水名瀬雅良

嘘とキス (オークラコミックス)嘘とキス (オークラコミックス)
(2005/07/12)
水名瀬 雅良

商品詳細を見る
エリートリーマン・曽我達也(26)×中卒フリーター・五十嵐ハル こと 宇津木遥(17)

水名瀬さん。最初に読んだ某芸能人のお話が現実感が無く萌えられず、今回もOクラ出版だしあまり期待しないで手に取った1冊でした。しかし広げたネタは最後にはちゃんと回収し、受け攻め両方の主人公たちの感情にも上手く焦点が当てられており、コミックス1冊という限られた制約にもかかわらず濃密で満足いく1冊に仕上がっておりました。絵は今ほど洗練されていませんが、今よりも安定しているようにも思えました。

ちなみに話しの設定は兄弟ものでしたが、地雷原okapiでも珍しく楽しめました♪
 


■あらすじ(転載)
子どもの頃に親の事情で逢えなくなった兄の達也と、バイト先のバーで再会したハル。
達也は、弟だということに全然気づかないまま飲みに誘ってくる。
憧れていた達也からの誘いに舞い上がって出掛けるハルだったが、それは大人の関係を持つことを意味していて―!!


ハルは達也が兄だということは知っている。でも達也はハルが弟だということを知らずに、ハルに一目惚れしたと出会ったその日に口説き落として体の関係を持ってしまいます。ハルは最初アルコールが入っていて、兄に襲われた時には十分抵抗したのですが、昔から憧れの存在でもあったため、自分が弟と気付かずに自分を熱心に口説く兄に結局体を許してしまうのです。でもそれ故に実の兄弟ということは告げられずにいます。

達也は知らずハルは隠してラブラブ蜜月時、偶然達也はハルが自分の別れた弟であるということを知ってしまいます。そして激しいショックを受け、でもハルに真実がつげられず(達也はハルも兄弟であることを知らないと思っているので)世間体やら大人の体裁などあり激しく拒否して家を追い出してしまいます。

しかしハルがあっさりと達也に体を許したのも理由があり、そして達也にはヤキモチ対象になったハルの更なる「兄」も登場して、人間関係はますます複雑化。okapinのクチで説明するのは難しいのですが、その微妙な時間経過を上手にマンガでは描かれています。
そしてラストでの真実。
…描き下ろし後の二人のラブラブ。
そしてひっそりと兄が背負った十字架も…。
読後感はステキでした。

無邪気な弟に、ヤキモチ妬きの兄完敗☆

| その他(まんが) | 23:07 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。