PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

待人は遠くにありて ふさ十次

待人は遠くにありて (ミリオンコミックス)待人は遠くにありて (ミリオンコミックス)
(2005/02/01)
ふさ 十次

商品詳細を見る
田舎893・佐川武士×売れない小説家・神田透

すみません。ふさ十次さんですが、大昔に読んでいた気もするのですが、まだ現役で活躍されていたるは思わずに。先日書店でお見かけして懐かしくなり久しぶりに読んでみようとつれて帰ってきました。最初は「読んでやろうじゃん!」的な上から目線で読み始めたのですが、思わぬokapiツボにハマりました。洗練された最近のBLには敵わないかもしれませんが、逆に最近みない非王道BLゆえに展開が新鮮でした。
 


■あらすじ(転載)
3年前、作家になるため全てを捨てて上京した神田透(受け)にとって文通相手の佐川武士(攻め)だけが心の支えだった。ある日、佐川が透の住む地へ来ることになり、透は緊張しながらも待ち合わせ場所に向かう。しかし、そこに現れたのは舎弟をつたヤクザで…!?


今のご時世に紙とペンでの文通で親しくなった二人。初めて直接会うことになり、その待ち合わせの場所にあらわれたのはなんと893! 最初こそ佐川の外見で怯えていた透でしたが、少し触れ合ううちに手紙の差出人と中身は変わらないということに気付き、そう気付いた時には既に佐川にキスを奪われたあと。そのままあれよあれよとホテルに連れ込まれ、告白される間もなく抱かれてしまいます。エッチのあと泣きながらホテルと飛び出してしまった透。その涙に、事を急ぎすぎたと佐川も猛省します。なんやかんやとありましたが二人はお互いの気持ちを確認し、極道と小説家の卵という背景の違いはありながらも恋人としての関係をスタートさせます。そのあとはアツアツラブラブ。田舎893という設定から、カッコいい?抗争事件や血みどろの内輪もめも無く(笑) にぎやかな舎弟と親分に囲まれて、気付けば透もすっかり佐川組にメンバーに気に入られてしまいます。

どこまでも王道BLより斜め30度位を突っ走ってくれる感じ。
シリアスなのに、どこか可笑しいやりとり。そして人々。かといってギャグではないし。不思議なテンポでした。

絵は所々崩れますけど、話しが面白かったら気にならなくなりました。
押し掛け女房までしちゃうしね…。

でも極道BLにありがちな男なのに「姐さん」呼ばわりされない所にも共感は持てました。そして主人公は「組長」ではなく組長候補という中途半端な立ち位置で組みに全然責任感がないのも…透の為に簡単に組みを捨ててしまったり。いや、どこまで王道を裏切ってく展開がハマった要因かも。


| その他(まんが) | 23:59 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。