PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アコガレ連鎖 つげ雨夜

アコガレ連鎖 (Dariaコミックス)アコガレ連鎖 (Dariaコミックス)
(2008/05/22)
つげ雨夜

商品詳細を見る
大学生・宮本遼平(20)×高校教師・山田穂波(27)

普段のつげさんよりもちょっと(年齢が)アダルティなカプだったような…。先生と生徒という関係から、3年の月日を越えて再会。お互いに1人の男性として意識し、カップルとして成長していく物語。ほんわかしたなかにも頑固な受け、年齢を超えて一生懸命に受けを守ろうとする眼光強い攻めが印象的でした。
 


■あらすじ(転載)
大学生の宮本(攻め)は、高校時代から淡い感情を抱いていた恩師の山田(受け)と偶然再会する。山田は生徒のことで悩んでおり、その弱さを見た宮本は大人だと思っていた山田が、実は自分と変わらないことに気付く。途端に宮本は抑えていた想いを止められなくなり、山田に告白をしてしまう。だが山田は教師だから、と宮本の想いから逃れようとして――!?


高校時代問題児だった宮本は、新卒熱血教師山田が熱心に関わってくれた為に立ち直った過去があった。その頃の先生は憧れの存在で、大学生になった今でも山田との想いでは宮本をささえていた。

そんなある日、偶然にも、居酒屋で泥酔して潰れていた山田を捕獲。そのまま家まで連れて帰り介抱する。相変わらず山田は問題生徒に全力で関わっており、生徒の依存行動に振り回されて疲弊していた。昔は大人にみえた山田の実はあやうい面を見た宮本は、先生も1人の人間だったことに気付く。そして何でも全力で突っ走っていってしまう山田を守ろうと、一生懸命大人になろうと頑張るが。

二人の間で「先生」と「生徒」という関係はなかなか大きなハードルで。大人の山田は、若者の一時の心の迷いとさりげなく「先生」の仮面をつけて宮本を躱そうとするが、それでも3年で大きく成長した宮本を実感したとき、彼の想いに正面から向き合おうと腹をくくる。

普通のBLだとカップルが出来上がってお話が終わっても可笑しくなかったのですが、その後山田の家族内カミングアウトとか、宮本のバイト先カミングアウトとか、重くなりがちなテーマもしっかり焦点が当てられていて読み応えありました。

腹をくくった後の山田は、大人でもあり漢でもあり無敵な誘い受けでした。

| その他(まんが) | 23:59 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT