PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

砂原糖子さん原作CD「言ノ葉ノ花」

評判の高いこの作品ですが、原作は未読です(爆)

kotonoha.jpg
長谷部修一(小野大輔)×余村和明(神谷浩史)

■CDあらすじ(転載)
三年前から突然人の心の声が聞こえ始め、以来人間不信気味の余村。
ある日彼は、自分に好意を持っているらしい同僚の長谷部の心の声を聞いてしまう。
罪悪感を覚えつつも、言葉で、“声”で、一途に注がれる愛情が心地よく、余村も長谷部を好ましく思うようになる。
そしてついに長谷部の告白を受け入れるが、余村が心の声を聞けると知った長谷部の反応は意外なものだった……。


原作未読なのであれなんですけど、このお話で結局言いたかったことって何だったんだろう。人の心は、読めても読めなくても結局は分からないということ? 聞いているうちに迷子になって、気がついたら最初にループしてきた感じ。okapi脳は一人モヤモヤしたまま、余村は答えを見つけたのかお話が終わってしまいました(@▽@;) 
こういう答えのでない哲学的なお話しは、聞けば聞くほど良くわからんとですよ~~。すみませn…(原作読めよ)

おのDの微妙な気持ち悪さ(褒めてます)と、ぴろCの落ち着いた語り。
2枚組で堪能させていただきました。たはー(*>ω<)v

| BLCD | 19:27 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT