PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

花舞小枝で会いましょう 夏乃あゆみ/鹿住槇

花舞小枝で会いましょう (キャラコミックス)花舞小枝で会いましょう (キャラコミックス)
(2008/06/25)
鹿住 槙

商品詳細を見る
弁護士・波多野啓一郎(27)×ホールスタッフ・岩瀬川美月(18)

Chara Comicsのロゴマークが可愛くなったのかな。おまけにこの本はデザインは背表紙も凝っていて、思わず他のCharaの本と見比べてしまいました。パッと見Charaだとは思わないぐらい細部にこだわりと情熱を感じたのですが、いかんせんストーリーはどこかで読んだ事のあるような王道なBL展開でした。ま、購入する前からあらかた予想はしていたけど(^_^;;)ゞ
女装ものが好きな方に。

レビューはちょっと辛口だよ♪
 


■あらすじ(転載)
訳あって女として育てられ、普段は和装の美少女姿──。
そんな天涯孤独な少年が、莫大な資産家の相続人だった!?
父の代理として女装の美月(みづき)の前に現れたのは、有能な若き弁護士の波多野(はたの)。
美月が男としてバイトする料理店の常連客で、なんと美月に気のある野心家なゲイ!!
波多野の素顔を知る美月は、警戒と反発を募らせて…。
清楚で可憐な大和撫子は、難攻不落なオトコのコ!?
クラシカルな甘さが香る、現代版とりかえばや物語♥


とにかく画面とかファッションは洗練されていて、おしゃれな絵巻物を見ているような圧倒される感じは受けました。かといって漫画を読む上で画面がウルサくなる訳ではなく、ちょうどよい白黒のバランスなんですね。

でもですね…

話しにワクワク感が足りなかったのです。
意外性がないというか、展開が読めちゃうというか。あっさりしているというか。キャラに感情移入しきれなかったというか。

ま、いろいろ夢見るには年を食い過ぎたということか…
多分ハイティーンの頃に出されたら間違えなく食い付いたネタだと思います。しかし夏乃さんの絵がキレイだったので、それだけでも眼福☆眼福~~☆

| その他(まんが) | 19:32 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。