PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

不埒なボディガード ななおあきら

okapinにホスト萌えってあんまりないんですけど、BL設定で「No.1ホスト」って肩書きが安易に用いられる気がします。そりゃきらびやかな面に目がいきがちだけどね、裏では地道に大変なお仕事だと思う訳ですよ。そんなokapinのボヤキはさておき。

不埒なボディガード (B-PRINCE文庫 な 2-1)不埒なボディガード (B-PRINCE文庫 な 2-1)
(2008/07/07)
ななお あきら

商品詳細を見る
No.1ホスト・桜庭祐輔(28)×ボディガード・辻堂旬(23)

このお話の仕事描写は結構まともでしたね。やや行き過ぎ、不器用感はありましたが。嫌な感じではなかったです。レビューはちょっと辛口だよ♪

■あらすじ(転載)
なにがあっても、この人を護らなきゃ――とある人物から、ホストクラブ「aquarium」のナンバーワン・桜庭の警護を依頼されたボディガードの旬。常に密着状態の生活の中で、旬は桜庭にHなことを仕掛けられ、彼のエロテクでカラダを開発されちゃって……!? 密かに好きな人から施される快楽に燃え上がり、彼の瞳を覗いたらそこにも熱が潜んでいるみたいで……。夜ごと深まる濃厚エロスラブ、オール書き下ろし!!
 


読みながら、ドラマティックにはなるけど騙し騙される人間関係にちょっと嫌気がさし、ストイックなボディガードくんが可哀想にもなりましたが、終わりよければ全てよしなのかしら。
うーむ。

まず、自分を捨てて他人を守れと育てられたボディガードの旬。
その旬が学生時代、日本に留学できていたとある国の王女さまの護衛を4年間していたのですが、その王女が通っていたホストに横恋慕してしまいます。かつて一度のやり取りですっかりホストに秘めた恋をしてしまった旬だったが。

その1年後
2人は意外な形で再会することになります。

なんと王女がホストの子供を妊娠しているということで、次期国王の父となるやもしれないホストを子供が生まれるまで護衛するという任務が下りました。しかしホストは家族の愛を知らずに、本当の恋もしたことがない男。最初、旬の存在を信じてはもらえなかったものの、なんどか命を狙われる場面に遭遇したり、王女が自分の子供を妊娠しているという話しを聞き、旬の存在を受け入れるようになりました。んで24時間行動をともになるのですが、そもそもそこには人間関係を深めようとかコミュニケーションを深めようという必要性は存在しませんから(命を守るだけですから)、両者にすごいストレスがかかる訳です。

んでなんでだか、2人はエッチなことでそのストレスを発散するようになり(BLですから)、そのうちお互いの関係にのめり込んで行きます。でもそれは許されない感情。王女に子供が生まれれば、次期国王の父/そしてボディガードという立場になり、それぞれの道を歩んでいかなければならないのですから。

そして運命の時はあっけなく訪れて、2人は無情にも引き離されそれぞれの道を歩むかにみえました。そして大団円になる訳ですが…

王女!!
たとえ悪意のない嘘だったとしても、そのあと周りを振り回しすぎだろ! 特にボディガードがホストをほんのり好きそうだったから、好意で巻き添えにしてみました的な理由には開いた口が塞がりませんでした。一国の王女なんだからねぇ、若さとはいえ、その辺は自分の影響力をもう少し考えてくれって感じですけど。一番“女っぽいズルさ”発揮で皆を出し抜いたのは彼女だと思いました。
なんだって既成事実が大切だよね...ちょっと後味悪かったけどさ... ( ̄□ ̄;)!!

| その他(小説) | 23:10 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT