PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

よしながふみさん原作CD「ジェラールとジャック」

原作多分…未読だと思う。それとも大昔に読んだかもしれませんが、似た設定(革命で貴族)の話がありましたよね…それと混じっているかも(汗)

ジェラールとジャックジェラールとジャック
(2008/04/25)
森川智之;遊佐浩二;井上和彦;檜山修之;勝生真沙子;山口勝平;他

商品詳細を見る
ジェラール(森川智之)×ジャック(遊佐浩二)
アマルリック(井上和彦)
ポール(檜山修之)
ナタリー(勝生真沙子)
ミッシェル(山口勝平)

■CDあらすじ(転載)
借金の形に男娼館に売られた貴族の少年・ジャックの初めての客になったのは、銀髪隻眼の男・ジェラールだった。偶然、ジェラールの屋敷で下男として働くことになったジャックは、やがて強く美しく成長していく。過去の出来事から貴族を憎み、心を閉ざしていたジェラールだったが、ジャックの成長を見守るその想いは果たして――。
18世紀後半のパリ。革命の動乱期を舞台に、10年にわたる二人の物語が展開される。
 


BL作品というよりは、洋画か演劇をみているぐらいスケールの大きなお話でした。
長いだけお話も深まり、しかし飽きさせない場面展開。朗読劇などあって満足の一枚でした。ベテラン声優さんばっかりの安心キャスティングでした。

プライド高い貴族出身だけれど、親の借金で勝手に身売りされちゃったジャック@遊佐さん。かつて貴族の女を愛し傷つき、その女の爛れた生活でも一生懸命尽くしたジェラール@森川帝王。そして今は隠居生活

2人が出会ったのは売春宿でしたが、ご無体を働いた翌朝にジャックの身請けするのかと思ったジェラールは、「貴族が一人で生活するのがどれほど大変なのか、実際にやってみろ」と買い上げたあげくに道ばたに放置していってしまいます。
BLなのに、ちょっとありえねぇ展開!(笑)

でもジャックは、自分はかつては貴族だったけど、今はその肩書き?がなんの役にも立たない自覚があり、親にも捨てられたし、身の程をわきまえて謙虚ないい子。

売春宿から離れたジャックは、道場破りのように新たな生きる手段を求めて流れ着いた先が、偶然にもジェラール@森川帝王の屋敷。最初は仕事の手際の悪さを虐められたりしたけど、前向きな元貴族の少年ジャックは、手にマメを作り、汗水たらして労働する楽しみを知りどんどん自ら仕事を見つけて有能な助手になる。ジェラールの屋敷に一緒に雇われている、他の使用人にも大切にされて可愛がられています。

しかしジャックは“初めての人”だったジェラールに密かに恋してしまい、ある日偶然にも屋敷に男娼を呼んで遊んでいるジェラールを見て大ショック!! ジェラールも密かにジャックに好意を抱き始めていたが、真っすぐすぎるジャックの存在を自分の欲望で歪めてはいけないと自分からわざと離すような手段を取ってみるのです。やさぐれたオッサンの考えそうなことだわ。もちろん潔癖ジャックも迷いながらも、でも最後にはやっぱりジェラールが好きで現実を受け入れざるおえなくなるのです。

折しも社会革命の波は押し寄せ、かつて貴族だったジャックと、革新的な小説を書いていたジェラールは命を狙われることに。そして愛の逃避行。。。。

ジェラール@森川帝王の女装は見物です(笑) 
正直もっと気持ち悪くなると思ったのですが、普通に声がステキでしたよ~~vv

結局2人は結ばれるのですが、印象的なセリフも沢山ありました。
原作知らなくても脳内によしなが絵でキャラ再生できるほどに、よしなが作品の特徴を良く捉えた良作CDだったのかと思います。原作読んでないから、原作と比べられないのがあれですけど。長い話しだけあって無理も無く、すごく楽しかったです

| BLCD | 17:46 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT