PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

10万hit企画:出版社HPを一言切る!

限定グッズやイベントが大好きなokapiは、BL本を読む時間よりも、毎日のネットサーフィンでの情報収集を優先してしまいます。例えどんなに忙しくても、お決まりのルートを巡回してこないとベッドに入ることは出来ません。末期です。
 
mini掲示板の情報はどうやって仕入れてくるの?と聞かれたりしますが、

ひたすらお目当てのHPを巡っているだけです(キモ)

あとは、メルマガに出来るだけ登録しておくことです
毎年決まった時期に行うイベント(出版社や同人誌即売会)などは、時期を覚えておくと伏線がはりやすいかもしれません。あと毎月配られるものとか、直売特典が付く会社などは必ず特典が付くかどうか確認してから予約するとかですね。

これまでも、そしてこれからも、沢山の苦い経験をつみつつも成長しているところです。

巡回ルート(例)
出版社→漫画家→小説家→お友達のブログ→オタク書店→CD販売元…
 
私がヘビーユーザー化しているBL出版社のHPだけになりますが、okapiのイメージで一言切りしてみたいと思います。あ、間違っている情報があったら教えてください。
 


b-boy WEB(リブレ出版):フェアなどの更新がマメでオンタイム、レイアウトも使いやすい。作家のお部屋と掲示板は、低迷気味のような…

AQUA★BOYS(オークラ出版):見やすくはあるんですが、ちょっと素人クサいデザイン

mellow mellow:表向き更新しないHPですが、編集長のブログで全てリアルタイムにまかなっている。でも本文にスポンサーCMへのリンクが入っており、読みにくい上に、お金に困っているのか?(1クリック◎円で還元されるシステム)と勘ぐりたくなる。

GUSHnet:しばらく更新が止まったと思うと、急に動き出す。編集部情報は、1~2ヶ月遅れがある感じ。前倒しは少ない

クロスノベルス:自分が小説をあまり読まない所為もあると思いますが、それほど利用しません。

ルビー・CIEL(角川書店):正直HP開くと、最初にどこに目をやればいいのか困る。画像を多く使用するのは良いとして、文字での説明が圧倒的に不足していると思う。ほとんど利用しない。今の今まで、2つのHPを一緒の物だと信じていました…だって似てるんだもん。

ルチル・リンクス(幻冬社コミックス):雑誌名でページは分けてはいるけど、更新情報は全雑誌共通の物を使い回し。非BL情報まで混じっているので、見る側が情報を選り分けるスキルを要する。レイアウトは慣れるまで使いにくいが、活気はありレア情報も沢山載せてくれる。

drap HomePage(コアマガジン):定期購読しているので、それ以上の旨味はないです。

ショコラ(心交社):自分が小説をあまり読まない所為もあると思いますが、それでも前のレイアウトがチンプンカンプンだった。今度のデザインは使いやすいので、編集部のブログが開始されるのを待っています。

Dear+site(新書館):フェアなどの更新がマメでオンタイム、レイアウトも使いやすい。メルマガにも登録しています

b's-garden(大洋図書):新刊アピールは凄いのですが、欲しい情報は入ってこないです。

東京漫画社:たまに、こっそり大ニュースを更新しているのでチェックは怠れない。画面の中央よりも、むしろ周辺に重大ニュースがちりばめられている。

Chara online shop(徳間書店):ここは文章が多すぎて読むのが大変。しかもフェアが複雑すぎて、一読しただけでは内容を把握できないので結局プリントアウトすることに。

花恋:ちょっとレトロなサイトデザイン。発売後更新なので、サイトの旨味はあまりない。

ネットで花丸(白泉社):ほとんど利用したことがないです

シャレード(二見書房):たまにTOPICSを見に寄るくらいです

DariaCafe(フロンティアワークス):メルマガだけ登録してます

web HANAOTO(芳文社):イベントやフェアなどの更新がマメでオンタイム、レイアウトも使いやすいです。

June-NET(マガジン・マガジン):実際帯を見ると全サとかしているんですが、HPには情報上げてくれませんね(TДT)

竹書房:BL専門のHPがないのが不思議な位。是非是非作って貰いたいです!!良いフェアをしているのに~~

ホーリーノベルズ(辰巳出版):リアル更新は…期待してないです。

*****
愛用しているのは、リブレ、芳文社、新書館。
穴場は、メロメロブログと東京漫画社。
時々根性入れてみるのは、徳間書店と幻冬舎。

| バトン&QA | 23:59 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。