PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

この手でよければ 佐倉ハイジ

最近出た本だと思っていたのに、もう2ヶ月も経っているんですね~~~(時間泥棒が)

この手でよければ (あすかコミックスCL-DX)この手でよければ (あすかコミックスCL-DX)
(2008/08/01)
佐倉 ハイジ

商品詳細を見る
短編3本

キャラの見分けは期待していないハイジさんです。←単にokapiがノミ脳ということもある。
ゆるくいちゃつくカップルを見ながらニマニマしたい時には、ハイジさんを読みたくなります。
 


「この手でよければ」 ライター・早瀬康平(34)×高校生・小島将司(16)

年の差親子ぐらいなんですけど、島から出て高校に通うのに住む場所を提供してもらっている将ちゃんと、ダメダメなオトナ代表・早瀬。

意識してない頃はホモエロビデオを見るわ、風呂に入らないわで迷惑かけられっぱなしだったと思っていたのに、子供の知らない所で保護者(仮)の勤めは果たそうとは思っていたらしい。そんなオトナの事情に気付き、面倒をみてやっていると思ったのに、実際は早瀬のお荷物になっている自分の存在が嫌になる将ちゃん。そしてダメ人間早瀬のことも好きだと気付く。

早瀬といえば、実際に将ちゃんに告白されて動揺し、でも将ちゃんの可愛さにメロメロになり…。それからはたんなるバカップル同志なんですけど、でも最後、高校卒業までで"ハッピーエンド“で投げてもよかったのに、大学に入ったあとの成長した2人の関係まで描いてくれて嬉しかったです。こうやって将ちゃんがオトナに成長していくたび、2人は新しい恋人関係を築いていってくれるのではないかな?と思えたので。


「愛はどこだ」 警護員・日留川×リーマン・亮(22) ひと回り差

亡き父の部下だった日留川と、未だにファミリーでの付き合いがある亮。
毎日手のかかる義兄弟たちに面倒を一緒に見てくれる日留川に、すっかり心を許しちゃっている亮だけど、見ている限りラブの片鱗もなかったはずなのに(笑) 

義母の再婚で突如自分の居場所を失う危機に気付き、とっさに亮は日留川を思い出し押しかける。日留川は亮への恋心を自覚していたみたいですが♪

プロローグ的。弟たちの無邪気さが可愛い


「星の願いは」 夜の蝶(笑)・流星(28)×謎のSM男・中里

こちらもプロローグ的。
スーツ姿の男にSMをねだる中里の理由は分かりませんが、いたぶられるよりも、普通に愛される方が屈辱的っていうのが可笑しい(笑) 
あの金回りの良さは、実はどこかのやんごとないおぼっちゃま出身なのだろうか?

| その他(まんが) | 20:59 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT