PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

逆の手バトン

詰め込み勉強にも限界が(もっと早くやれ)
脳内飽和状態で頭の奥が痛い
この間街中のガラスに映った自分の目が、血走っていて怖かったです…お疲れ目様(TДT)

気晴らしに、面白そうなバトンを拾ってきました。
曲がりなりにも言語を扱う職種を目指しているので、レッツチャレンジ!! 

■ 逆の手バトン

※このバトンは自分の利き手の逆の手で、実際に書いて写メって答えるバトンです。
※質問は消してあります。

081107_1922~01

小1で右鎖骨骨折のおかげでしばらく左手で書字していた(の割りには下手とかいわないで)ので、結構いけるかなとおもったけど…小一はひらがなしか扱わないから意味ないんだった(爆) 

あと色々発見が合って面白かった。
言語野はやっぱ左なんだなとか。
書字は、視覚よりも体が覚えているんだなとか。
そういったマニアックなこと。

もう一個はokapiの自作バトン??です
 


■ 逆立ちバトン(とでもしておこう)

説明しずらいんだけど、向かい合った相手が読めるように字を書くっつうもの。
質問の内容は、さっきのバトンと一緒です

081107_1928~01

実習中。
相手に説明するのにいちいち紙をひっくり返して書いている時間がなかったので、会話しながら文字も少し書けるよう猛練習したんです。が、これが結構鏡文字になりやすいんで難しいんですよ~~。

回答はもっとヒドい誤字が出るかと思ったど、okaqiになってるぐらいで済んでよかった

| バトン&QA | 20:02 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT