PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

タンゴの男 岡田屋鉄蔵

猛烈にブログレビューが上がっていくのを見るに付け、ネタバレしないようにレビューを避けて通っていたokapiです。それだけレビューが上がる=期待が膨らむばかり。しかし期待が大きすぎたのか、読後はよかったんです、よかったんですが…okapiの思っていたものとちょっと違ったんです。そして「筋肉」は、okapinにはハードルが高すぎたかも…orz

タンゴの男(メロメロコミックス) (mellow mellow COMICS)タンゴの男(メロメロコミックス) (mellow mellow COMICS)
(2008/10/29)
岡田屋 鉄蔵

商品詳細を見る
アンジー古賀ヒロ

■あらすじ(転載)
タンゴの男と呼ばれながら、本当の情熱を知らぬままに踊り続けてきたダンサー・アンジー。
ラテン人の母を持ちながら、厳格な祖父に引き取られ、今は日本人として暮らすヒロにアンジーは出会いのひと目から沸き立つような欲望を感じる。男にはまるで興味の無いヒロだったが、懐かしい故郷を感じさせるアンジーの包容力に、戸惑いながらもいつしか心と身体を開いていく……。
 
ちょっと辛口だよ♪
 


すっごい細かいことなのですが、セリフの横書き縦書きには、スペイン語と日本語とかの違いがある?んですよね。そして2回読んで、日本国内の話しなのだと気付きました。
あと、女性があまり魅力的に見えない(ベネは別)のはわざと?+体格から女性には見えずにずっとソッチ系の人なのかと思ってました(爆)
今回はダンスのお話だから女性もマッチョな感じなのか、もともと作者さまの作風としてそうなのかが分からなかったです。

あと、ヒロがダンスを始める話しなのかと思ったら、その結論はどっかにいってしまい。
エロは素股どまりだし(素股がダメという訳でも、挿入こそ素晴らしいという訳でもない)
ヒロは流され侍だし…

色んな脇エピソードを込めたいんだろうなぁというのは伝わって来たのですが、その分主カプのストーリーが希薄になってしまった印象が拭えなかったです。あと登場人物が多すぎなのも、その説明にページを割かれてしまってもったいない印象がありました。

作者さまは、ある1カプの話しというよりも、群集劇がやりたかったのかな?

okapiは難しい芸術的なお話は良く理解できないので、ある1カプなら1カプをネッチリガッポリ最後まで描き切ってもらいたかった口なので、多分このコミックスの半分も良さを理解できなかったと思います…orz 

それは次作に期待することにして、
頬を赤らめるヒロは可愛かったー!!

| その他(まんが) | 23:40 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT