PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

山本小鉄子原作CD「ほんと野獣」

こんな短い感想を書くのに3回も消え、書き直している…
fc2って自動で下書き保存できるんじゃなかったっけ(涙)←保存タイミングが合わないだけなんだけど

ちょっと辛口なので、下に折りたたみます

ほんと野獣ほんと野獣
(2008/10/24)
イメージ・アルバム柿原徹也

商品詳細を見る

上田朝春(中村悠一)×後藤田輝(柿原徹也)
山瀬(下野紘)
滝米花(三宅健太)

■あらすじ(転載)
実直な警察官・上田は、ある朝ヤクザの輝に告白された。
そのヤクザは、昨夜助けた下着ドロの被害者だった……!
その日から始まった輝の強烈アプローチ。
ヤクザと警察官のロミジュリ愛は一体どうなる!?

コミックスの感想はこちら
 


原作が大好きだったので、すごく楽しみに聞きましたが…なんだろう。
okapiのイメージしていた声と役柄に違和感があって、戸惑っているうちに終わってしまいました。
いや、一生懸命演じにくい役に挑戦しようという頑張りは伝わっては来るのですが、小鉄子絵で想像しようとすると違和感を感じるのです。

たとえば誰にでも公平で対等に付き合う警官上田役のゆうきゃんですが、どうしても、良い人の仮面を被った腹黒さが隠しきれてなくて(笑)

そして見掛けは可愛いんだけど精一杯いきがっている、でも大好きな上田の前では恋する893の輝役の柿原くんが、あまりに豹変するので別人のように聞こえてしまい(多重人格?)

そんな二人の違和感ありありなカップル声を聞いて戸惑っているところ

一服の清涼剤のような、下野くんとミヤケンの声が…ほんわか。
この天然’sは本当に好きだな(なんちゅう感想)

| BLCD | 20:09 | comments(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。